発売日 2014年07月19日(土)

サイトの拡張性を飛躍的に高める WordPressプラグイン開発のバイブル

著者名:宮内 隆行、西川 伸一、岡本 渉、三好 隆之(著者)

¥3,200(税別)

ISBN:
978-4-7973-7352-3
サイズ:
B5変/フルカラー
ページ数:
434
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・宮内 隆行、西川 伸一、岡本 渉、三好 隆之

サポート情報

この商品に関するお問合せはこちら
※ご意見、ご感想も、このフォームよりお寄せください

Twitter

Unable to load Tweets

  • 想定していたより良い書籍

    4.0
    ソラ

    想定していたより、良い書籍でした。プラグインを作る人には必需品かもしれません。

  • 5.0
    Kawamata

    この本の想定読者は、現在WordPressでサイト制作をしていて、更にプラグイン開発でステップアップをされたい方を想定していると思いますが、プロデューサー、ディレクター、プログラマー、デザイナーといった全てのWEB制作制作者にとって必読の一冊だと思います。WordPressのプラグインを作るための環境構築からライセンス、実装と公開までを網羅している今までに無かった濃い内容になっています。特に開発系の本としては珍しくライセンスについても丁寧な解説がされています。オープンソースを一括りにしてあまり意識をしていなかったのですが、WordPressのGPLライセンスについては知らないかったことが多く、WEBで収集した情報に多くの間違いがあったことに気付くことができました。また、プラグイン開発の実装方法をネット検索で場当たり的に取り込んでセキュリティに問題があるものやメンテンナンス性の低いものをこれまで作っていたことを深く反省させられます。一見して価格が高く見えますが、ネット検索でムダな時間と半端な知識を拡げるよりも、wordpress界のパイオニア達の知識と経験が詰まったこの1冊を購入したほうが、コストパフォーマンスに優れていると思います。

  • まさにバイブル

    5.0
    ゆう

すべての12レビューを表示

  • ほーくえーす

    プラグイン開発だけではなく、WordPressを使って収益を得る代表的な例などが書いてあり、「稼ぐための」本でもあった。WordPressの開発に関わる人は必読。プラグイン開発に使用するサンプルプログラムだけでなく、ツールの紹介も分かりやすく書いてあって参考になった。 続きを読む

  • hazukit

    WordPressを勉強して欲しいと言われたので、とりあえず読んでみた。テーマやプラグインで、どれくらいカスタマイズできそうかイメージできて良かったです。 続きを読む

  • asiantamtam

    Wordpress でプラグインを作りたい人にはすごい便利な本だと思う。 続きを読む

すべてのレビューを読む