発売日 2013年07月13日(土)

クラスメイト・コレクション2 -僕のクラスは生徒が足りない-

著者名:森田季節(著者) 赤人(イラスト)

¥620(税別)

ISBN:
978-4-7973-7464-3
サイズ:
文庫
ページ数:
272
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・森田季節

イラスト・赤人

Twitter

Unable to load Tweets

  • 今回の攻略目標は「歴女」に「バンギャ」、相変わらずマニアックだ…

    5.0
    ヤボ夫

    クラスメイトが担任の教師を含めて全員不登校というとんでもないクラスに転校しクラス委員長に任じられた挙句「不登校のクラスメイトを全員復学させる」というとんでもないミッションを押し付けられた「男らしさを追求する」草食系男子・栗沢巧海のクラスメイト攻略物語第二弾今回「総理」の異名をとる生徒会長の上総理瀬さんから攻略を命じられたのは「回遊魚」。要するに学校にも来ずに全国をあっちこっちフラフラ旅している生徒を登校させるという相変わらず無茶ぶりもいい所のミッション。しかもこの二人が相変わらず個性の塊で一人は戦国コスプレをして全国の城攻めに参加している歴女、もう一人はラーメン大好きで元ラーメン屋のロックバンドの追っかけで全国ライブツアーに参加しまくってるバンギャル…もう個性大爆発ですねしかもこういうネタキャラでありながら書くのがマニアックさが売りの森田季節なのでネタが本当に細かい。寺社仏閣を中心とした森田作品ではお馴染みのネタは当然出てくるけど(鑁阿寺の国宝指定ネタとか何故かこのシリーズ栃木ネタが多い)バンギャル編でも作者がライブハウスに何度も足を運んで取材に行ったりした結果、無駄に濃いネタがぶち込まれてますその一方で「学校に来る意味」というテーマもしっかりと掘り下げてあるのが硬派な森田季節らしい。「趣味の合う人間もろくにいないのに退屈を我慢して学校に行く意味はあるのか?」といういかにも現代的なテーマに真正面から取り組んでますそれにしても栗沢くんのクラス再生がどんどんハーレム形成に突き進んでいるのにニヤニヤさせられる。前回復学させた沼の精霊でちょっぴりエッチな沼田さんや霊感少女の深月さんは栗沢を巡って恋の火花を飛び散らせているし、今回ターゲットの攻略に同行した理瀬さんが栗沢に構ってもらう機会が減って拗ねる様子なんかは本当に可愛いマニアックなネタと比較的硬派なテーマ、そしてちょっぴり濃い目のヒロインたちとのラブコメが一冊に凝縮された濃い作品薄っぺらいテンプレート作品では物足りないという方には是非お勧めさせていただきます

すべての1レビューを表示

  • シュエパイ

    まだまだ片手に足りないクラスメイト、今度のターゲットは回遊魚タイプ。最初の暦女の子、かなり痛々しくてちょっと笑えたり。なんで伊達のお殿様好きがこんなに屈折してるんだwで、お化け屋敷のガチ具合がずるい(笑)あぁ、それにしても、一人くらいは男子のクラスメイトができるといいなぁ。 続きを読む

  • 朝夜

    読了。つまりデートしてデレさせて教室に来てもらうんですね。わかります。(マテ 今回は歴女とバンギャの新ヒロインが追加です、沼の精霊の後だと個性が弱く感じますね(虚ろな目 最後は皆の見せ場もあり前回のヒロイン達の出番もあって結構楽しめました。でも一番性格が可愛いのは巧海君ですね(笑) 続きを読む

  • KUWAGATA

    次々と個性的なキャラクターが登場して、少しずつ教室も賑やかになってきましたね。歴女キャラの描写辺りでは、まさに森田さんの本領発揮という感じで、読んでいるこちらも楽しかったです。とぼけたようで、硬質かつ抑制の効いた文章は、大変読みやすい。ただ、若干ストーリー展開が淡々としすぎな気がしなくもない。まあ、これが森田さんの味といえば味なんだろうけれど、続けていくためにはもう少しインパクトが欲しいところ。ファンなので、期待しています! 続きを読む

すべてのレビューを読む