発売日 2013年09月14日(土)

のうりん 7

著者名:白鳥士郎(著者) 切符(イラスト)

¥600(税別)

ISBN:
978-4-7973-7521-3
サイズ:
文庫
ページ数:
288
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・白鳥士郎

イラスト・切符

Twitter

Unable to load Tweets

  • みりあ

    沖縄の修学旅行なんてもう、自分にとってはまだ行きたてホヤホヤで記憶も鮮明なもので、作品中の描写よりも先に、記憶の中の思い出が先に出て来るものだから…で、著者も色々と参考としているからなのか、大体日程の流れは一緒だった。という事は全国の沖縄に修学旅行に行く学校が大体は同じ流れの計画を立てているという事で…何だか同じ時間を共有出来てる感じがして良い。まあ完全に同じという事は無いのだけれど。だから普通科でも農業高校の人でも何でも、今いる場所、時間を大事にした方が絶対に良いよね。え~…ヒソカのパロディ最高(笑) 続きを読む

  • shin

    耕作達は沖縄へ修学旅行に行くが、普通の旅行とは一味違っていたり、林檎を知るアイドルりくと耕作が接近する7巻。花園推しに意味があったのも含め男子が開放的で、大浴場がフォントから一変するような下ネタもホモネタも全力な感じが楽しめた。何気に金上のセリフに混じる本音も可愛かった。女教師カルタの残念さや化け物で連想できるベッキーが酷かったけど所々笑えて悔しい。耕作が気づいたいつか伝えたい思いの話を聞いてしまっていた彼女の最後の挿絵には見事にやられて、文章だけでは伝わらない感情が伝わったのも印象的なお話でした。 続きを読む

  • リプトン

    今回は修学旅行ということでコメディ成分が高く農業ネタは少なめでしたね。楽しい登場人物たちによる相変わらずのノリと勢いがすごく、安定の挿絵芸に下ネタ、ホモネタ、パロといつも以上の騒ぎっぷりでした。あと、女教師カルタとか人外のアラフォーがひどすぎるんだけど謎の満足感。もうこのアラフォーどんなことでもできてしまいそうだな。そんなテンポの良いギャグコメでしたが、最後の耕作の話を聞いてしまった林檎ちゃんのシーンは素敵でした。 続きを読む

すべてのレビューを読む