発売日 2014年01月15日(水)

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア

著者名:大森藤ノ(著者) はいむらきよたか(イラスト)

¥610(税別)

ISBN:
978-4-7973-7553-4
サイズ:
文庫
ページ数:
320
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・大森藤ノ

イラスト・はいむらきよたか

Twitter

Unable to load Tweets

  • 外伝の方がRPGっぽい

    4.0
    Amazonのお客様

    本編では空気な剣姫さん主人公ですが、あんなに強い彼女ですらボッコボコにされます。そして本編ではいまいちわからない部分をうまく補填してあり、さらりと重要な点もながされているのもポイントです。☆一個分の不満はイラストが本編の方が好みってだけです、どうもはいむらさんの絵は禁書の途中あたりから挿絵の構図がしっくりこない気がするだけ。

  • 3.0
    Amazon Customer

    禁書目録と超電磁砲の様な感じです。チョット闇の部分をクローズアップして、重い雰囲気を醸し出しています。

  • まさかの外伝でした

    5.0
    たける

    知人に外伝もあることを教えてもらい読んでみました。サブストーリーや裏話的なないようかなと思いきや本編にでてないこの世界の核心に迫る内容が外伝では語られようとは・・・本編を読んでいる人はこちらも必須ですね!

すべての9レビューを表示

  • θ(シータ)

    「ーー私はっ、私はレフィーヤ・ウィリディス!ウィーシェの森のエルフ!」アイズ・ヴァレンシュタインが主人公のスピンオフ(外伝)。いつもはベル視点で読んでいるからアイズ視点はとても新鮮だったね。今巻で【ロキ・ファミリア】のティオナやティオネなどの仲間達の人情も分かったしアイズはもちろん【ロキ・ファミリア】がどれだけ強いのかよく分かった。それとアイズはやっぱり可愛い!!買い物シーンやお風呂シーンは特に最高だった!!w本編とは違う醍醐味や物語があるので本編ファンにもオススメです。星5つ【⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️】 続きを読む

  • チェシャ猫

    ベル君と会うちょっと前から始まるアイズのお話。本編では、絶対強者として書かれているアイズの悩みや強さへの葛藤。そして、仲間たちとの繋がりが描かれている。ストーリとしては本編とは別の神様の暗躍が出てきます。お気に入りは団長。 続きを読む

  • よっち

    ロキファミリアでの活動とともに、本編の各場面でアイズ視点でどのようなことを思ったのかが描かれているダンまち外伝。重要なキーマンなのに、天然というか不器用というか、何を考えているかうまく伝わってこないアイズだからこそ、サイドストーリー的に掘り下げていくことも必要なのかなと、読んでいて思いました。何もなければダンジョンに潜る日常とか、行動原理はちょっとあれですが、英雄に憧れていたり、人間関係に不器用だったり、普通に女の子してるアイズは可愛いですね。本作単独で楽しむよりは、本編を楽しむための補足的な内容でした。 続きを読む

すべてのレビューを読む