発売日 2014年01月15日(水)

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア 小冊子付き限定版

著者名:大森藤ノ(著者) はいむらきよたか(イラスト)

¥848(税別)

ISBN:
978-4-7973-7554-1
サイズ:
文庫
ページ数:
320
付録・付属:
小冊子

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・大森藤ノ

イラスト・はいむらきよたか

Twitter

Unable to load Tweets

  • ダンまちアイズ側

    4.0
    助六座

    ロキ・ファミリアに属する剣姫アイズ・ヴァレンシュタインが主人公で、『ダンまち』一巻とほぼ同じタイムテーブルのアイズ側で起きた話となっています。ミノタウロスを追いかけることになった事件。遠征が事実上失敗した事件。すべての引き金となる出会い。酒場での失敗。そして怪物祭の事件で起きたもう一つの事件。本編ではあまり感情を表に出さないアイズの内面が強く出ているので違和感を感じるかもしれません。超強いファミリアからのベテラン視点なので、町のシステムやダンジョンなども本編とは違う描き方を感じ取れます。これは小冊子のついた限定版で、ロキファミリアのメンバーが紹介されているほか、短編が一つ。『ダンまち』とはイラストの傾向が違うけど、それでも登場キャラが多い分補完する資料として価値有りです。なぜかピンポイントですれ違うロリ巨乳女神も入ってますけど。

すべての1レビューを表示

  • Yobata

    通常版で読了済みなので一応再読。このシリーズは今年に入って読み始めたので予約してなかったし、いつもの最寄りの書店にも置いてなかったので手に入らないかなと思ってたけど、夕方外に出た際ちょっと遠出の書店に行ったらあったw【剣姫】アイズ・ヴァレンシュタインのスピンオフ作品。外伝の感想は通常版で。限定版の小冊子は深崎暮人氏による描き下ろし表紙で4巻限定版小冊子の表紙と揃えると一枚になるらしいけど、4巻限定版持って無いんだよねw。描き下ろし小説も良かったけど、はいむらきよたか氏によるキャラクター設定資料集はさすが。 続きを読む

  • まりも

    本編1巻をアイズ視点で進めていく物語。アイズ視点で進めていくことでフレイヤ以外にも裏で動いている神様がいることが分かったけどこれ次巻はいつになるんだルカ。集団戦メインなのかなと思ってたらチームプレイも何もないただの個人戦だったりと本編とやってることはそんなに変わらないですね。アイズはベル君と違ってすでに最強の段階から始まっているので戦闘シーンに緊張感もそこまでなかったかな。ベル君の異常な成長速度をもってしてもこれに追いつくのはまだまだ先やね。とりあえず本編はよ 続きを読む

  • まるぼろ

    本編と同時系列の、主にアイズの視点で描かれるスピンオフです。50階層で思わぬモンスターと遭遇、遠征を切り上げ17階層まで戻ってきたロキ・ファミリア一行はミノタウルスの群れと遭遇するが…と言うお話。出来事自体は本編と同じなので重なる部分も多いですが、面白かったです。ベル君との最初の遭遇から「豊穣の女主人」での一連の出来事で気落ちしてしまったアイズを他のメンバー達が気分転換を図ろうとする所は良かったな、と。また怪物祭でもフレイヤ以外にも悪巧みをしている動きもあり、次巻からどんな流れになるのか楽しみです。 続きを読む

すべてのレビューを読む