発売日 2014年11月15日(土)

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 6

著者名:大森藤ノ(著者) ヤスダスズヒト(イラスト)

¥640(税別)

ISBN:
978-4-7973-8058-3
サイズ:
文庫
ページ数:
384
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・大森藤ノ

イラスト・ヤスダスズヒト

Twitter

Unable to load Tweets

  • チェシャ猫

    そろそろ中だるみが始まるかと思いきや 今回も熱いストーリでした。 作者さんよくこんな熱い話を続けることができるね。嬉しい限りです。 今回の話で 好きだったシーンはリリがソーマに打ち勝つシーンと ベルがアイズに特訓をお願いをするシーンです。(ダンスシーンもよかったけど) みんなの特性を使って 敵を撃破していくシーンは本当に胸熱。 続きを読む

  • θ(シータ)

    「僕と……私と、踊って頂けますか?」今まで培ってきた努力、仲間との絆などが集結した最高の巻だった!主な内容は【ヘスティア・ファミリア】VS【アポロン・ファミリア】の代理戦争の話。でも、他にもリリが【ソーマ・ファミリア】に捕らわれたり他派閥に襲われたり色々と大変なところがあった。その中で個人的に好きだったのがベルとアイズが一緒にダンスをした所だね。いやーあそこは良かった!そして、迎える戦い。これまでの仲間達が集まり敵に立ち向かう!もう、本当に最初から最後まで最高でした!星6つ【⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️】 続きを読む

  • シータ

    今回はダンジョンではなく、地上を舞台にファミリア同士の戦争遊戯が主な内容でした。新鮮な気分でもあるがこれもダンまちの要素なのかなと思います。ファミリアがあっての冒険者ですので、今回はそのファミリアの絆をうまく描いた回でした。ベル君とヘスティア様の信頼関係をより深く感じた話でした。特にアポロン・ファミリアの本拠で啖呵切ったヘスティア様かっこよかったです。ベル君のことを本当に信頼しているからこその行動だったと思います。 続きを読む

すべてのレビューを読む