発売日 2014年12月15日(月)

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア3

著者名:大森藤ノ(著者) はいむらきよたか(イラスト)

¥620(税別)

ISBN:
978-4-7973-8203-7
サイズ:
文庫
ページ数:
336
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・大森藤ノ

イラスト・はいむらきよたか

Twitter

Unable to load Tweets

  • アイズ視点が面白すぎる!

    4.0
    Kindleのお客様

    購入に後悔はありませんが、まだ山場という感じではないのでやや盛り上がりに欠けます。しかし、本編とは完全に別として読めるし読みやすいです。

  • 5.0
    UNMA

    アニメの方でもカバーされているアイズとルルネのエビソードあたりです

  • テンペスト

    3.0
    Amazon Customer

    風の妖精といえば「シルフ」とか「ジン」等の名前を記憶の中に持っております。エアリエル、テンペストとアイズ・ヴァレンシュタインがどのように繋がるのか?多少の興味を持ちます。シェイクスピア?

すべての7レビューを表示

  • θ(シータ)

    「ま、まさかっ、恋煩い!?アイズたん、男なんか!? 」アイズが可愛すぎたこの巻でもう3巻になった今作。今まで1番面白かったしさっきも書いたけどアイズが本当に可愛すぎ!前半でベル君に逃げられて落ち込むアイズやリヴェリアがそれを聞いて大笑いしていじけてしまうアイズめっちゃ可愛いかった!!(その挿絵も最高!)でも、後半からは戦闘の白熱展開でさらに良かった。ベートも根はいい奴って分かったし背中ばっかり見ていたレフィーヤが決断して戦う姿は感動してしまったね!結局、アイズって何者なの?星5つ【⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️】 続きを読む

  • チェシャ猫

    本編は成長物語で、こっちは謎解きの要素が強い気がする。本編より盛り上がりが弱いのは気のせいかな。本編でのアイズが絶対強者というイメージが強すぎるせいなんでしょうが。ところで、黒幕は誰なんでしょう。本編6刊の感想でも書いたけど、ガイアあたりなのかなと思ってます。そうそう、アイズ=妖精説がでてきましたね。勝手にゼウスのファミリアのリーダ辺りの娘かなと思ってて、ファミリア壊滅時にゼウスからロキに委託されたのかなぁと。ゼウスをロキが追い出したというのは、隠すためのブラフだと・・・。おもいっきり外しました。 続きを読む

  • よっち

    24階層に大量に発生したモンスターの問題を解決して欲しいとする黒ローブの男の依頼に、アイズがヘルメスファミリアの面々と挑む外伝第三弾。ピンチを救い膝枕までしたのに、傷つけたことを謝る前にまたもやベルに脱兎の如く逃げられ、傷心気味な感じがまるで恋する乙女のようなアイズ(苦笑)でもベートやレフィーアらの助けがあったとはいえ、厳しい戦いでもLv.6に昇格した彼女の力は圧巻でした。アイズにもまた出生の秘密がありそうで、本編と絡ませながら進んでいく外伝の方も面白くなってきましたね。来年刊行予定の次巻も楽しみです。 続きを読む

すべてのレビューを読む