発売日 2015年04月15日(水)

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 7 ドラマCD付き限定特装版

著者名:大森藤ノ(著者) ヤスダスズヒト(イラスト)

¥2,000(税別)

ISBN:
978-4-7973-8221-1
サイズ:
文庫
ページ数:
496
付録・付属:
音声CD

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・大森藤ノ

イラスト・ヤスダスズヒト

Twitter

Unable to load Tweets

  • 本気を出したフレイヤ様はマジでヤバい

    4.0
    猫の熊

    6巻のアポロンファミリアとのウォーゲームに続き人間(ヒューマン)同士が戦う派閥間抗争を描いています。毎度毎度、例のごとくベルくんが女の子を助けたいという一心で揉め事に巻き込まれて行き、最後は他派閥も含めた大騒動にまで発展するというお話。特に最後の方でフレイヤファミリアが登場してからは圧巻ともいえる描写で恐怖、爽快感、安心感と色んな感情がごちゃまぜになってラストに収束していく吸引力は強烈で、読む手が止まりませんでした。個人的には猛者オッタルの武人としての格の違いがしっかり描かれていたのが良かったです。ダンまちは視点ごとにシーンが細かく変わるように書かれてるのでいつもテンポよく読み進められるのですが、冒頭の追っかけっこのシーンが若干長いかな〜って感じですがでも、まあいつも通り面白いので最後まで安心して読めますよ。

  • 4.0
    とらみ

    内容は他の人に任せて。Kindleのかた注意です。たぶん途中からすべての「!!」が「!?」に置き換わってます。報告のしかたわからないからここにかいちゃう…。緊迫したシーンがすべて疑問系で会話する不思議場面にwどなたか報告の仕方わかるかたお願いします。(誤字についての追記)誤字っぽいのですがこの巻にかぎらず変なとこがありました。もしやKindleじゃなくて元から変なのでは疑惑。(内容についての追記)本篇7途中、外伝5まで読んでます。本編・外伝ともにアニメでやったところまではおもしろかったです。本編を読んで外伝も同じところまでと交互に読んでました。でもここの巻まできてふと疑問が、もしかして外伝があるせいで本編にヴァレン某さんが出ずらいのでは。外伝があるかぎりこのヒロインあんまりでてこないのでは……。だからこの巻で新しいヒロインを無理やりだしたのでは~っていうネガティブな感情で読み始めました。でも前評価が低すぎたのかすごくおもしろかったです。むしろ逆に外伝が心配です、続きをよもうとしたらAmazonの評価が「この巻は読まなくても大丈夫」とかいうのが6~9巻までずっとつづいてるのですが……。10巻の評価は高くて面白そうだけど。どうしよう

  • シリアス率高いです

    5.0
    ミノサン

    あまり小説部分には触れませんが街の中での戦闘、シリアス率高い、命好きならば彼女の活躍が多いので楽しめると思います。ドラマCDに関してはこれまでの単行本に含まれていたミニストーリーが三本入っています。小説を読みながら聴くのも楽しいかと思います。今回の内容が重かったのでこちらはコメディ感多めになっています。

すべての56レビューを表示

  • θ(シータ)

    「そんな『英雄』に憧れた僕がっ、僕達が貴方を守ってみせる!!」もう、凄いっていう言葉じゃ足りないぐらい凄かった!!英雄に憧れた少年が一度だけ英雄になり少女に救う。これこそ、王道の真骨頂!!ベルが今まで一番カッコいいし、あとがきにも書いてあったけど本当にまるで劇場版みたいだった。劇場版らしく何回も危険が迫ってきたしね。特にベルの貞操がwそれと、女の愛って恐ろしすぎる。うん、めっちゃ怖い。盛り上がる展開&謎が深まるなどすごく面白かったです。……獣っ子って最高だよね❤️星7つ【⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️】 続きを読む

  • アウル

    個人的にはワンピースのエニエス・ロビーぽい感じがしたな。最近は、ダンジョンで出会うよりもダンジョン外で出会いを求めているような気がw。前回アポロン・ファミリアとの戦いに勝利したベル達は新しいホームを手に入れ、ファミリーに入りたい希望者が大勢現れるという順風満帆な生活送るかと思われた矢先に借金問題が浮上し何時も通りの生活に逆戻りする。ベルのアイズに対する思いの強さがはてしないわ。すべてはヘルメスの思惑通りに進んでいっているがどう話が進んで行くのか楽しみである。 続きを読む

  • クロウ

    今回もいいな!なんか、ファミリアっていいよな。家族って、いいよな……。望まぬ境遇にある春姫を救うためひた走るベル。英雄を夢見る少年が下した決断。うちに秘めたその熱い思いが爆発する展開は最高に胸熱。春姫の辛い境遇がまた、最高に物語を盛り上げてくれるんだよね。きつい境遇なほど、救われる瞬間胸に迫るものがある、みたいな。仲間になってタケミカヅチファミリアと触れ合う瞬間の、「あぁ、救われたんだな」って感じが好きだ。とにかく素晴らしい。まさしく劇場版ダンまち。そしてベル・クラネルはまた一つ、『英雄』に近づいた。 続きを読む

すべてのレビューを読む