発売日 2015年04月15日(水)

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 7

著者名:大森藤ノ(著者) ヤスダスズヒト(イラスト)

¥710(税別)

ISBN:
978-4-7973-8311-9
サイズ:
文庫
ページ数:
496
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・大森藤ノ

イラスト・ヤスダスズヒト

Twitter

Unable to load Tweets

  • 本気を出したフレイヤ様はマジでヤバい

    4.0
    猫の熊

    6巻のアポロンファミリアとのウォーゲームに続き人間(ヒューマン)同士が戦う派閥間抗争を描いています。毎度毎度、例のごとくベルくんが女の子を助けたいという一心で揉め事に巻き込まれて行き、最後は他派閥も含めた大騒動にまで発展するというお話。特に最後の方でフレイヤファミリアが登場してからは圧巻ともいえる描写で恐怖、爽快感、安心感と色んな感情がごちゃまぜになってラストに収束していく吸引力は強烈で、読む手が止まりませんでした。個人的には猛者オッタルの武人としての格の違いがしっかり描かれていたのが良かったです。ダンまちは視点ごとにシーンが細かく変わるように書かれてるのでいつもテンポよく読み進められるのですが、冒頭の追っかけっこのシーンが若干長いかな〜って感じですがでも、まあいつも通り面白いので最後まで安心して読めますよ。

  • 4.0
    とらみ

    内容は他の人に任せて。Kindleのかた注意です。たぶん途中からすべての「!!」が「!?」に置き換わってます。報告のしかたわからないからここにかいちゃう…。緊迫したシーンがすべて疑問系で会話する不思議場面にwどなたか報告の仕方わかるかたお願いします。(誤字についての追記)誤字っぽいのですがこの巻にかぎらず変なとこがありました。もしやKindleじゃなくて元から変なのでは疑惑。(内容についての追記)本篇7途中、外伝5まで読んでます。本編・外伝ともにアニメでやったところまではおもしろかったです。本編を読んで外伝も同じところまでと交互に読んでました。でもここの巻まできてふと疑問が、もしかして外伝があるせいで本編にヴァレン某さんが出ずらいのでは。外伝があるかぎりこのヒロインあんまりでてこないのでは……。だからこの巻で新しいヒロインを無理やりだしたのでは~っていうネガティブな感情で読み始めました。でも前評価が低すぎたのかすごくおもしろかったです。むしろ逆に外伝が心配です、続きをよもうとしたらAmazonの評価が「この巻は読まなくても大丈夫」とかいうのが6~9巻までずっとつづいてるのですが……。10巻の評価は高くて面白そうだけど。どうしよう

  • シリアス率高いです

    5.0
    ミノサン

    あまり小説部分には触れませんが街の中での戦闘、シリアス率高い、命好きならば彼女の活躍が多いので楽しめると思います。ドラマCDに関してはこれまでの単行本に含まれていたミニストーリーが三本入っています。小説を読みながら聴くのも楽しいかと思います。今回の内容が重かったのでこちらはコメディ感多めになっています。

すべての56レビューを表示

  • チェシャ猫

    ヘルメスとフレイヤが話しているシーンから、もしかして今回ヘルメスの企みかと思い読み進めると当たりで嬉しかった。やっぱり詐欺・情報の神様はこうじゃなくちゃ。ストーリも今回も後半の盛り上がりはさすがです。新しく入った仲間もチート能力を持っているし、ベルを含めチート能力のメンバーばかり集まってますね。ところで、イシュタルは本当にフレイヤに勝てるつもりだったんだろうか・・。Lv7が1人、Lv6が3人(かな)いるファミリアに対し、Lv5とLv4が一人づつなんて 一人をレベルブーストしても勝てるわけない・・。 続きを読む

  • まりも

    囚われの身となり、オラリオの歓楽街で娼婦として働かされている命の極東時代の友人春姫を救う為にベルと命がイシュタルファミリアと戦う話。いやぁ、今回はかなりの密度ですね。この濃さは確かに劇場版だわ。イシュタルファミリアに反抗する事の意味を知り、一度は逃げ出してしまったベルがこれまでの英雄を覆す為に春姫救出に向かうシーンは最高に燃えました。アイシャとの最後の戦闘も素晴らしかったです。無事仲間になった春姫は典型的な支援職なのでダンジョンで活躍する姿が楽しみ。次巻も期待してます。 続きを読む

  • よっち

    歓楽街で娼婦として働かされる狐人の少女春姫と偶然出会ったベルが、昔の友人だった彼女を放っておけない命とともに、その救出のため歓楽街を統べる女神イシュタルに挑む第七弾。神様たちの思惑や介入に色々と振り回されながらも、葛藤を乗り越えて真っ直ぐに向かっていくベルの決意と奮闘には凄まじいまでの疾走感と熱量があって、いつもより厚めな分量も気になりませんでしたね。今回もまたいろいろなことが明らかになりましたが、新たな仲間も加わった今後の展開に期待です。相変わらずなヘスティア様のダメ女神っぷりにも癒やされました(苦笑) 続きを読む

すべてのレビューを読む