発売日 2015年05月15日(金)

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア4

著者名:大森藤ノ(著者) はいむらきよたか(イラスト)

¥660(税別)

ISBN:
978-4-7973-8312-6
サイズ:
文庫
ページ数:
424
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・大森藤ノ

イラスト・はいむらきよたか

Twitter

Unable to load Tweets

  • θ(シータ)

    「それとも、ベル・クラネルの真似事は、君達には荷が重いか?」ヤバい…後半から震えが止まらなかったよ(いい意味で)今回は本編で時系列的に3〜4巻近くの所。3〜4巻近くというと全読者が熱くなったあのミノタウロスとの戦いもある。あそこはやっぱ何回読んでも興奮するわ。そして、後半からは高レベルの戦い。あそこは【ロキ・ファミリア】全員がカッコよかったけど特にフィンが最高だったね!あれは凄すぎる!!外伝の方でも少しずつ世界観が明らかになり今後の展開がどうなっていくのかとても楽しみ。星6つ【⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️】 続きを読む

  • チェシャ猫

    物語的にはこっちの方が本編なんじゃないだろうかという深さです。ロキファミリアの面々の方がベルくんより死にそうになってるじゃないですか・・。レフィーヤはベルくんに一方的なライバル心を燃やしてますが、今後どう繋がるんでしょうか。楽しみです。今回のお気に入りはロキファミリアの精鋭が挫けそうになった時の団長の発破、そして倒れたリヴェリアとガレスに掛けた言葉とそれに対する二人の会話が最高でした。 最後に、団長の嫁さん候補にリリがなったらいいのにな。団長が惚れる感じ?? 続きを読む

  • まりも

    未到達領域となる59階層へ向けた準備を進める中、アイズはベルとレフィーヤに稽古をつける事になる…な話。前半は膝枕をする為に我を忘れベルを叩きのめすアイズや嫉妬に狂うレフィーヤの姿に癒され、後半はフィン・ガレス・リヴェリアのロキファミリア最強の三人の力が遂に明らかになる大迫力の戦闘は圧巻の一言。特にフィンの言葉をきっかけにロキ・ファミリアの《英雄》達が新たな英雄譚を作るべく立ち上がるシーンは読んでいて魂が震えました。この《英雄》達にベル君は追いつくことが出来るのか。今後の展開が非常に楽しみです。 続きを読む

すべてのレビューを読む