発売日 2015年06月15日(月)

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 8 【ヘスティア】グラフィグ付き限定特装版

著者名:大森藤ノ(著者) ヤスダスズヒト(イラスト)

¥980(税別)

ISBN:
978-4-7973-8313-3
サイズ:
文庫
ページ数:
520
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・大森藤ノ

イラスト・ヤスダスズヒト

Twitter

Unable to load Tweets

  • 良かった

    4.0
    Amazon カスタマー

    今回はほのほぼとした、各サブストーリ的な感じですが読み応えあって面白かったです。次の巻が出るのを楽しみにします。

  • 5.0
    Amazon カスタマー

    ダンジョンシリーズ最高です。大森先生にはこの調子で頑張っていただきたいです。

  • 安定のAmazon

    5.0
    Amazon カスタマー

    時間通りに良い状態で届いた。不満点はない。商品の発送システムがしっかりしてる。

すべての8レビューを表示

  • Yobata

    通常版既読済みなので一応再読。日常編でも特に色恋沙汰に特化してたもののやっぱダンまちはベタながらも熱い展開で心躍らせてくれるねwリリとフィンの婚約話が面白かったなw勇者フィンに見初められたリリの勇気はそのフィンの前でも発揮。フィンの悪ノリでお姫様状態になって羞恥まみれになっちゃったけど、バーサーカー化したティオネ登場で爆笑になったなwヴェルフとヘファイストスの仲もクサいながらもなかなか男らしくてw満更でもないヘファイストスも可愛らしかったなw特装で付いてきたグラフィグって初めて買ったけど結構デカイんだねw 続きを読む

  • 藤崎

    今回は日常編。一応VS王国軍で時間軸まとめつつ、表紙の6人をそれぞれメインに据えた短編仕立て。そして日常展開ならラブ推しは外せないとばかりに恋愛要素マシマシ。個人的にヴェルフのラブ話に一番意外性を感じました。まぁ、意外と言えばフィンの年齢があまりにも合法で戦慄しましたが・・・つーかティオネはアマゾネスな時点で望みゼロとか惨いことを。さらにアイズは今回完全にヴァレン何某君状態でううむ。そんな感じで、普段とは違った掘り下げと、色んな恋愛観が興味深い1冊でした。次回は第3部開始ということで、どうなるのか期待です 続きを読む

  • シュエパイ

    イグニス<不冷>のアニキ、ちょうかっけぇ・・・!!!そして鍛冶神様、意外すぎるほど乙女だ(笑)一人一人にスポットを当てた、小さな恋の狂想曲。リリの最後の台詞とか、すごくいい!ヘスティア様の、天に帰る子供への手向けの『愛の言葉』に、ついつい涙が浮かびましたよ・・・。ラキア王国、なんという壮大なかませ犬w 最後に産まれた、不穏な魂は、次巻からの新シリーズでキーキャラになるのかな?あぁ、そして改めて、ヴェルのアニキの台詞を読み返してニヤニヤするのですよ。 続きを読む

すべてのレビューを読む