発売日 2015年06月15日(月)

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 8

著者名:大森藤ノ(著者) ヤスダスズヒト(イラスト)

¥730 (税別)

ISBN:
978-4-7973-8314-0
サイズ:
文庫
ページ数:
520
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・大森藤ノ

イラスト・ヤスダスズヒト

Twitter

Unable to load Tweets

この本のレビュー

  • θ(シータ)

    「ーー私は貴方より年上ですよ、ベル?」今回は日常編という事で命・リリ・ヴェルフ・エイナ・シル・ヘスティアにスポットが当てられていたね。もう、終始ニタニタが止まらなかったw各章で必ずラブコメがあるせいなんだけどその恋愛が何気に深い。作品の中であるんだけど「神様たちの愛は一瞬」これは納得せざるを得なかった。『神』と『人』この恋愛は永劫に報われる事は無いかもしれないけど今一緒にいる時間を大事にすることで何かを得られるかもしれないと。後、次回からは第3部なのでさらに楽しみです。星6つ【⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️】 続きを読む

  • チェシャ猫

    いろんな人達の恋のお話。一番好きだったのはヴェルフのお話。デレたヘファイストス可愛いのぉ。フィンがハーレムを作るって行った時のベルの反応は・・・・。ハーレムに憧れてるんだけど(ジジィの影響で)、実際は作る甲斐性ないんだろうなぁ。すでに出来かけているけど。最後のあれはなんだっんだろう。オラトリアのような敵だった。 続きを読む

  • まりも

    軍神アレス率いる3万の軍勢と戦う事になっても変わらないオラリオの平穏な日々を描いた短編集。今回はすごくラブコメしたお話中心だったので、ほんわか癒されました。特にヴェルフとヘファイストスの話がツボ。乙女なヘファイストス様がすごく可愛らしかったです。本編では見られないリリ、命、シルの姿や神様と眷属の恋模様と本編とは違った楽しさに溢れた1冊だったと思います。しかしティオネ×フィンのドタバタ騒ぎはこの作品のお決まりのネタみたいになってきたなw 次巻から始まる第三部も楽しみです。 続きを読む