発売日 2016年06月22日(水)

デジタルイラストの「身体」描き方事典
身体パーツの一つひとつをきちんとデッサンするための秘訣39

著者名:松(A・TYPEcorp.)(著者)

¥1,980(税別)

ISBN:
978-4-7973-8406-2
サイズ:
B5/フルカラー
ページ数:
176
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・松(A・TYPEcorp.)

松(A・TYPEcorp.)
東京都出身。
大学卒業後フリーランスのイラストレーターに。
幅広い絵柄を駆使し、カードゲーム『マジンボーン・データカードダス』『ディスク・ウォーズ:アベンジャーズ』のイラストや、4コマ漫画『BIOHAZARD THE TOON』の執筆、小説の挿絵などを手がける。
また、毎週ニコニコ生放送でのライブ配信を通じて、絵の描き方を教える「お絵かき救命病棟24時!」を開催している。

Twitter

Unable to load Tweets

  • まじめに学ぼうとしてる初心者です

    1.0
    TT

    初心者からも分かる感じのひどさがあります。読み上げてすぐにイラっとする面々が多々あります。なんでデッサンの本を作ったのか理解できないですね。計算されてないのか、手抜きなのか。非常に不愉快な本です。買ってから2年目ですが、序盤の10~30P時点で手抜きと思われる個所が初心者目線で3カ所。序盤なので我慢できたのですが、最終的に全体に目を通したのが一回で限界でした。一般的には教科書と呼ばれる本は何回見ても勉強になるものです。初心者向けと評価している方もいらっしゃいますが、初心者にこんな本は見せられる代物ではないです。2000円無駄にしたなと思いながら今日捨てるのですが、Amazon評価を見ると酷いですね。苦笑非常に評価の高いデッサン本や上手い先生に教えてもらう機会がありましたが、当時でも不愉快に感じたのですから。初心者向けとすら言えません本人の絵を一度見に行った方がいいです↓松(A・TYPEcorp.)と検索をかけて、pixivとツイッターを確認するべきです初版が2016年・6月29日です当時の絵から見ましょう。見てからでも遅くないです

  • 4.0
    Amazon カスタマー

    他の方の評価が低かったので買うのを躊躇していたが、やはりデッサンやラフ、アタリの描き方がよく分からなかったため購入した。他の方も評価しているように、雑なところもあるのだが同じような技法書を数冊購入したことのある自分にとってはアタリの取り方、デッサンやラフの描き方は大変勉強になった。他の身体構造の技法書と合わせて読みたい一冊だと思う。おすすめの身体構造技法書はイラスト解体新書だ。レビューを見るとよくわかる。これとプラスで筋肉の動き方やアタリ云々を理解するには良本だと思う。あくまで個人の感想なので、実際に手にとって見てほしい。

  • とても大切なイラストを描くための最初の一歩、それがこの本です。

    5.0
    真面目

    まずは鉛筆持ったは良いけれど、なにから描けばいいのか?わからない人に最適な本が、この「デジタルイラストの「身体」描き方事典 身体パーツの一つひとつをきちんとデッサンするための秘訣39」です。胸、腹、腰、太もも、足、手、そして顔を、解剖図を元にしてデフォルメして描きやすくする方法を詳細に示してくれています。ちゃんと筋肉と骨の詳細な解剖図が添付されていて、それを理解してからデフォルメしようと提案できているのが素晴らしいです。最近、やっと人体解剖図、骨格、筋肉を意識してデッサンしていく本が増えたのは、イラストを描く上でとても重要な要素なので、素晴らしいと思います。デフォルメしているキャラばかり描くのはうまくなりません。そして、人体の構造を理解した上でキャラを描く場合には、圧倒的にうまくなります。なので、人体の解剖図をしっかりと見て、実際の自分の体と見比べながら、デッサンしていくのが良いと思います。とても大切なイラストを描くための最初の一歩、それがこの本です。初心者に特におすすめします。

すべての40レビューを表示

  • miyukimono

    丁寧で、わかりやすいです。アナログ派の私にも参考になりました( ☆∀☆) 続きを読む

  • おとなり

    こういう本は美術教育っぽさがあるものなのですが、ネット配信講座の経験からかそういう感じが薄くて驚きました 続きを読む

  • ここまで詳しい本はじめて読みました。たまにあるコメントがちょっと面白い。 続きを読む

すべてのレビューを読む