発売日 2015年09月15日(火)

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 9

著者名:大森藤ノ(著者) ヤスダスズヒト(イラスト)

¥640(税別)

ISBN:
978-4-7973-8500-7
サイズ:
文庫
ページ数:
376
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・大森藤ノ

イラスト・ヤスダスズヒト

サポート情報

この商品に関するお問合せはこちら
※ご意見、ご感想も、このフォームよりお寄せください

Twitter

Unable to load Tweets

  • 無情

    5.0
    ゾンバルト

    この世界にビーストテイマーの職が存在すれば仲間に成れたのにね。

  • 2.0
    Amazon Customer

    興味を持って最後まで読めなかった、本筋(1~6巻まで)とは違った雰囲気の9巻。チョット一休み的な8巻とは違い、少々読むのが面倒な感じでした。

  • ネタバレ注意

    5.0
    どこもも

    別れ際にリドがベルに送った言葉は涙が出そうになりました。これまで倒すべき敵として描かれていたモンスターですが、新たに人間との共存を望む種が現れ、今後の物語も一変しそうですね。ハッピーエンドが大好きな自分的には、次巻でリド達が悪い意味で退場するような悲しい展開だけは止めていただきたい限りです。

すべての41レビューを表示

  • θ(シータ)

    「ベル様っ、怪物は怪物です!!調教ならまだしも、変な情など移さないでくださいっ!モンスターはーー人類の敵です!!」第3部スタート!なんだかなぁ、ここに来て怪物と人間と軋轢が改めて見せられた感じ。やっぱり怪物と人間は相容れないものなのか。ベルが好きなアイズさえも殺す事には抵抗が無いような気もするし、それについては何気にショックだった。それと、今巻で今まで謎に包まれていたギルドの真の王ウラノスも出てきて世界の謎が少し明らかになったね。忍び寄る影ーー果たしてベルは何をどう選択するのか…星4つ【⭐️⭐️⭐️⭐️】 続きを読む

  • まりも

    シリーズ第九弾は人と怪物の両方から追われる竜の少女・ウィーネを巡って、都市に波乱が巻き起こる話。新章突入開始という記念すべき巻であり、初の上下巻構成というだけあって話の盛り上がり具合が素晴らしいですね。ベル君たちに懐くウィーネが可愛すぎてツラい。人対怪物というダンジョンの基本構造を根幹から揺るがす存在である"異端児"という存在、そしてギルドの主・ウラノスの真意、裏で動いているイケロスファミリアと色々気になる要素盛りだくさんの状態で終わるとか続きが気になって仕方がありません。あー、早く下巻の発売日こい! 続きを読む

  • ナカショー

    やっぱ面白い。新たな階層域『大樹の迷宮』に進出したベルは、そこで竜の少女ウィーネに出会う。人の言葉をしゃべるウィーネに戸惑いを隠せないベル達だが、人からもモンスターからも狙われるウィーネを助けたのをきっかけに都市に波乱が巻き起る。誰からも襲われていた中、唯一助けたベルになついていたウィーネ本当に可愛かったです。こんな可愛いウィーネを捕まえようとするとかホントありえないですわー。怪しい動きがある中、人とモンスターの共存は可能なのか、次巻も非常に楽しみです。 続きを読む

すべてのレビューを読む