発売日 2016年04月15日(金)

伊達エルフ政宗

著者名:森田季節(著者) 光姫満太郎(イラスト)

¥610(税別)

ISBN:
978-4-7973-8632-5
サイズ:
文庫
ページ数:
304
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・森田季節

イラスト・光姫満太郎

『ベネズエラ・ビター・マイ・スウィート』(MF文庫J)にてデビュー。
ほか『アルケミストの終焉創造術《ニルヴァーナ》』(GA文庫)、『不戦無敵の影殺師』(ガガガ文庫)、『お前のご奉仕はその程度か?』、 『クラスメイト・コレクション』(GA文庫)等。

  • 歴戦ゲームマニアを狙いに行った最悪の例

    1.0
    Laylah

    いえ、何も考えずに読めば面白いんですよ、この本。まず表紙のおっぱい鎧で「何だこの和風ビキニアーマーw」と笑い、麺類の頭おかしい設定で笑い、よく知らないけどそれっぽい戦国うんちくで笑い、とどめに「参考文献」で「こんな本のためにどんだけ参考文献を用意してんだよwwwww」と大草原を生やして終了。しかし半端にリアルな戦国時代を表現しようとしたのが良くなかった。読み込めば読み込むほどネタ要素とリアル要素の乖離が激しくなっていきます。例えば当時ブランド牛なんてあるわけがないですし、もやしを茹でて食べるのはごく最近の話。武将同士の会話文に「ペット」「ママ」「ヤバい」と超現代的な用法が混じりまくり。歴史は通り一遍のことしか知らない自分でも突っ込みどころだらけです。いやだってこの作品の舞台は四百年前の日本ではなくて微妙に異なる異世界だから……という言い訳は通りません。ちょっと登場人物のおかしな戦国時代を売りにしてるんだから、ネタ要素も設定を練ってほしかったところです。言い方は悪いですが『Web上で無料で公開されていたら絶賛した』レベルでした。あとさ、エルフなのに巨乳だらけってどういうことだよ!!!!!

  • 2.0
    さいたまにすと

    同じ戦国物でも内容の趣旨が全く違うので較べちゃいけないのかもしれないが織田信奈の野望と較べると「かなり」劣る。戦国時代を背景にしただけであってただの異世界ファンタジー作品として見る分には面白いのかもしれない。もしかしたら作者自体安土桃山時代の知識をあまり持ち合わせていないからこのような設定になったのかもしれない、しかしもうちょっと歴史について勉強してから書いて欲しいと少々思う。後これはイラストレのせいかもしれないがキャラクターが皆可愛くない。

  • 期待していただけに残念

    2.0
    Amazon カスタマー

すべての5レビューを表示

  • 流言

    『本書は伊達政宗がエルフであったという最新の研究動向を元に書いた小説です。』戦国をエルフやドワーフといった亜人に落とし込むことでどんな効果が得られるか、と言えば現代では希薄な家意識を可視化できる点にある。事実、他家からの養子を介しての傀儡化に旧臣が反発するという形で描かれているし、天下統一も多様な民族の統一と思えば困難さは如実である。名前しか描かれないながらも有力な血縁者を持たないハヌマーン秀吉の危うさも見えてくる。設定はいいが、歴史モノとしては重厚さがなくラノベとしてはキャラもストーリーも不足で惜しい。 続きを読む

  • Yobata

    高校生の真田勇十は、真田幸村のイズナ法なる術で魂が入れ替わり、戦国時代に転生するも、そこは勇十が知る戦国ではなくエルフが奥州の地を治めるファンタジーな世界でもあった。勇十は当主政宗に見入られ、共に奥州,果ては天下を狙う事になり…。ファンタジー混じりの戦国タイムスリップもの。信長がサタンで武田がヴァンパイア,上杉がマンティコアで他にもサキュバスやドワーフと色々な種族が各大名に当てられてて、なかなかチョイス上手くて面白そう…に感じたが、ファンタジー要素で面白くなってくるのは有力大名と戦う今後かな?今回は→ 続きを読む

  • 岡本

    伊達家がエルフだったらというタイトル通りの歴史ファンタジー。新作ラノベを読むのは久しぶりだったのですが思ってた以上に面白かったので次巻も期待です。ただ歴史転生モノで戦国という共通のテーマだから仕方がないけど、全体的に織田信奈の野望っぽいのが気になる。あと勇十がサキュバス北条家に転生してたら完全にエロゲーだよなぁ… 続きを読む

すべてのレビューを読む