発売日 2016年07月16日(土)

デジタルイラストの「塗り」事典
CLIP STUDIO PAINT PROで描く! 多彩な描画のテクニック56

著者名:NextCreator編集部(著者)

¥2,200(税別)

ISBN:
978-4-7973-8646-2
サイズ:
B5/フルカラー
ページ数:
200
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・NextCreator編集部

イラスト・解説(掲載順)
こいつ
東雲ハル
人米
まつゆき杏
Shionty
おーじ茶
おぎのひとし
出水ぽすか
阿桜
be
ゾウノセ

サポート情報

この商品に関するお問合せはこちら
※ご意見、ご感想も、このフォームよりお寄せください

Twitter

Load More...
  • 多くの塗り方本と同じで、それぞれの塗り場面で、どのブラシを使って塗っているのか、レイヤー設定の説明がない

    2.0
    Amazonカスタマー

    「ブラシ塗り」のイラストが気に入って、イラストの塗り方の知識がなくても、この本を読めば見本と同じように塗れると思い、この本を購入しました。しかし、この手の塗り方本を何冊かお持ちの方は分かると思いますが、髪の毛の「影を入れる」の写真はあるけれど、その塗りは沢山ある中のどのブラシを使い、どのような手順で塗ったのか、肝心の部分が伏せられております。どう塗れば、そのような形の影が入れられるのか、知りたい部分が全く分かりません。レイヤーも、塗っているレイヤー設定が通常なのか、乗算なのか等、設定が分かりません。このような塗り方本の多くは初心者が買うものだと思うので、ブラシもカスタマイズしたオリジナルのものではなく、最初から入っているブラシで、設定も載せ、塗り方の手順の写真も細かく順を追って載せて出版すべきだと思いますので、私のようにカラー初心者で、塗り方の全ての手順を細かく知りたい方は、この本は向いていないと思います。出版社はこのような塗り方指南本を作ったら、全く塗れない初心者5~6人の老若男女がその本を読んで、プロのイラストとほぼ同じように塗れるか試し、同じように塗れてから出版してほしいものです。イラストレーター1人で1冊のページ数を使い、いつかこのような本を一番欲する初心者が、見本イラストと全く同じように塗れる完璧な本が出ることを望みます。

  • 4.0
    アシュラフ

    僕はデジタルイラストの初心者で、この本の内容が分かりやすくて、本当に勉強になりました。デジタルイラストをやりたい方にはとてもおススメします!

  • 良き

    5.0
    荒川

    いろんな塗り方を覚えることが出来て、塗りが一気に上達しました!

すべての22レビューを表示

  • ケット

    着色手順はもとよりブラシ設定やレイヤーの使い方、RGB値が載っていて助かります。載っている画風は様々ですが、試してみたい塗りから優先して見ました。本当に基礎の基礎部分で詰みかけている自分にとって、とても為になる情報でいっぱいの一冊。何より前から好きな絵師のおぎのひとし氏の透明水彩塗り講座があるのがいい。普段の読書枠の本とは違い、これはインプット兼アウトプット用なので何度も読み返すことになるでしょう。 続きを読む

  • おりぜる@新書等の積読あと500冊!

    ブックウォーカー版。どうやって描かれてるのか、一例だけど分かって面白かった。 続きを読む

  • 元気ハイター

    ソフトの機能の説明本が多い中、一から完成まで順を追って説明しているので大変勉強になる。色の数値が書いてあるものはそのまま使える。書いてないところがあるのが惜しい。とはいえ、様々な手法が解説されており、表現の幅が広がった。このような本がもっと増えてほしい。 続きを読む

すべてのレビューを読む