発売日 2016年04月15日(金)

0.2ルクスの魔法の下で

著者名:嶋 志摩(著者) 竹岡美穂(イラスト)

¥590 (税別)

ISBN:
978-4-7973-8729-2
サイズ:
文庫
ページ数:
248
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・嶋 志摩

イラスト・竹岡美穂

第七回GA文庫大賞《奨励賞》受賞作家。本作がデビュー作。

Twitter

この本のレビュー

  • まりも

    異界で魔法使いだった祖母に憧れる女子高生リザと、どんな文字でも読解できる異能を持つ少年圭輔の出会いから始まる物語。引っかかる部分もありましたが、トータルで考えると中々面白かったと思います。キャラクター、展開ともに新人さんとしては非常に良く出来ていたし、用意されていた結末も意外性があったりしたので楽しく読む事が出来ました。ハッピーエンドとは言い切れないけど、この作品に相応しい結末だったと思う。竹岡さんのイラストがある事で、物語の雰囲気が更に魅力的に映るのも良いですね。次回作が出たら読もうかな。 続きを読む

  • Yobata

    問題児とされる園芸部の藤倉リザが栽培してる植物の調査を命じられた東圭輔。彼女が育てていたのはなんとマンドラゴラで圭輔は魔法で書かれた文字を読み解いてしまい、リザに付きまとわれることに。魔法世界への扉を作ることを協力させられた圭輔は…。7回GA大賞作,学園ミステリファンタジー。主人公の圭輔にリザが両方ともクール冷静なので、会話など淡々と進んでいるように見えて、祖母や自動人形などのファンタジーを加えたミステリが最後にしっかり集約し,生徒会長の奇行などコメディ部分もあり、しっかり構成が出来てた話だったね。→ 続きを読む

  • よっち

    異界で魔法使いだった祖母に憧れる女子高生リザと、どんな文字でも読解できる異能を持つ圭輔が出会い、異界に渡る方法を模索する彼女を手伝うことになる物語。お転婆だけれどどこか憎めない性格のリザに圭輔が振り回される構図に変化をもたらした、学校に出没する祖母のペンダントを持つ謎の少女の存在。リザを不幸にすると言われた圭輔と二人で切り開いた異界への扉。運命によって導かれたその顛末は意外なものでしたが、でもきっとこれで良かったんだよねと思える満足感がありました。竹岡美穂さんのイラストも雰囲気によく合っていたと思います。 続きを読む