発売日 2016年10月15日(土)

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか11 ドラマCD付き限定特装版

著者名:大森藤ノ(著者) ヤスダスズヒト(イラスト)

¥2,200(税別)

ISBN:
978-4-7973-8813-8
サイズ:
文庫
ページ数:
472
付録・付属:
音声CD(1)

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・大森藤ノ

イラスト・ヤスダスズヒト

大森藤ノ(おおもりふじの)
第4回GA文庫大賞で【大賞】を受賞、GA文庫『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』でデビュー。
代表作:GA文庫『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』(イラスト:ヤスダスズヒト)、
GA文庫『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア』(イラスト:はいむらきよたか、キャラクター原案:ヤスダスズヒト)

Twitter

Unable to load Tweets

  • これぞ英雄譚

    5.0

    普段は特典は高くあまり興味がそそられないため買わない主義なのだけれどダンまちのアニメも大変素晴らしく、1巻から中古ではなく新書を買っていたためお布施だと思い、通常盤の二倍以上の値段がするドラマCD付き特装版を買ったのだがドラマCDはヘスティア好きの私としては満足のいくものではなかった。この内容ならば外伝の特典にした方がウケも良かったのではないかと思う。気を取り直して本編の方を読んだが今回はこれぞ英雄譚と言えるような内容で感極まって涙がでるようなシーンもあり次巻に期待が持てる展開や伏線もあり大いに満足だった。次巻に期待。

  • 5.0
    アンリ

    小説本編は読んでいてとても気持ちよく読み進めて満足のいく内容です。さらにドラマCDもアイズお姉ちゃん♪ベルお兄ちゃん♪エターナルベルくん♪魔法少女リリルカアーデ♪メイドのアイズたん♪夢の国のアイズ♪等など振り切った内容で聴いててとても楽しかったです。小説とCDもコンパクトにまとまって収納されててかさばることなく手持ち感もいいです。中にはアイズとベルくんのバージョンのカバーイラスト風の画がが描かれています。

  • ミスって2冊...しかも限定版買ってしまった...

    5.0
    Amazon カスタマー

    メチャクチャ面白かったんでまぁいいやと思えました全てアステリオスという真のヒロインに尽きる今までこの11巻の為にダンまちを読んできたんだと言っても過言じゃなかった

すべての7レビューを表示

  • Yobata

    BOOKOFFにちゃんとドラマCD付であったので購入,再読。異端児編完結。ウィーネを通じて出会った異端児を救うため、冒険者としての名声が地に落ちてしまってもなお、決して諦めないベルの姿勢はやはりベル君らしさがあるよね。情景の相手と刃を迎え合うことになっても引かなかったベル。そんな彼に異端児の中の異端が彼を冒険者として蘇らせる…黒牛との因縁,英雄への道、ベル君の今後がより面白くなりそうだね。そしてドラマCDは、飲んだ人の望みを夢で見ることが可能なユメミールの話。魔法少女リリ、良いじゃないww 続きを読む

  • シュエパイ

    名前を教えてくれ、と。再戦の夢を抱き、情景に身を焦がす戦士との出会いと、冒険の物語でした。あぁ、ここしばらく、ずっと続いていた陰謀・策謀やら、都市で暗躍する闇や、抱え込んだ重さやらが、全てを置き去りにするくらい、熱く激しく輝く“冒険”でした♪いろんなものを抱え込みすぎて、走り出せなくなっていたベルが、敗北を知るのも、きっとまた必然で。あぁ、これでまた彼が、強く猛々しく走り出すんだろうなって、今から次巻が楽しみです! 続きを読む

  • わたー

    こちらにはドラマCDの感想を。本編のシリアスさを中和するかのようなぶっ飛んだ内容に大いに笑わせてもらった。リリ可愛いよリリ。 続きを読む

すべてのレビューを読む