発売日 2016年09月15日(木)

りゅうおうのおしごと!4

著者名:白鳥士郎(著者) しらび(イラスト)

¥610(税別)

ISBN:
978-4-7973-8818-3
サイズ:
文庫
ページ数:
320
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・白鳥士郎

イラスト・しらび

白鳥士郎(しらとりしろう)
GA文庫より『らじかるエレメンツ』でデビュー。
代表作として『のうりん』シリーズ(GA文庫)など

Twitter

声優出演アニメ紹介 75

・日高里菜 さん

1 白鬼院凜々蝶 (妖狐×僕SS)
2 古賀唯花 (可愛ければ変態でも好きになってくれますか?)
3 雛鶴あい (りゅうおうのおしごと!)
4 ラストオーダー (とある魔術の禁書目録/科学の一方通行)

#アニメ好きと繋がりたい
#アニメ好きな人RT・いいね
#相互フォロー

Load More...
  • 五巻まで読んだ上での感想です

    5.0
    Amazon カスタマー

    五巻まで読んだ感想です。私はライトノベルよりも普段は一般文芸や推理小説をよく読んでいます。ですからライトノベルでどうこうという評価はあまりできませんが……。しかし、個人的な見解としてこの小説は行くところまで到達したのではないかと感じました。あらゆる漫画作品、小説作品、つまりは物語創作として一種行けるところまで行ったのではないでしょうか。文章はあえてこのようにしているのでしょうから、文章力としては測りかねます。が、その取材力とキャラクターと物語性は抜きん出ている。明らかに他とは違う。絶対にこの小説にはそう思わせるものがある。一冊で完成されることが多い一般文芸とは比べようにも比べようがありませんが……。しかし、シリーズものの小説としては、いや確かにライトノベルですからそういった表現が過多な部分はありますが、それでもやはり言いたいのは、この小説シリーズは小説のシリーズものとして、間違いなく完成形を見せてくれた。作者にはひたすらにお礼を言いたい。そしてこの小説があなたの満足する形でいつか完全に完成することを心から祈っています。また、その先の未来の作品も含めて応援させていただきます。なんというか、私は作者に心を掴まれた。ありがとうございます。

  • 5.0
    Amazon Customer

    竜王は誰を選ぶのでしょうか?将棋がからむので、普通のラノベハーレムものとは少し違いますが、やはり気になります。本の内容は才能と努力、のお話ですが、才能か、努力かではなく、才能+努力は当然ですが強いですね、勝ち負けがはっきりする世界は厳しいですが、だからこそ、その世界で若くして出てくる、とても普通の人には到達できないレベルの人達というのはすごいし、例え小説の中でも惹きつけられます。

  • キャラもストーリーもいい

    5.0
    あほわな

    書店で文庫を買った後、どこでも読み返しやすいようにと電子書籍版もついつい買ってしまうほど、面白いです。今回は二人のJS弟子の師匠への想いが感じられる巻でした。その他姉弟子の可愛さ、昔の女、などなど。いつも以上に色々な要素が詰まっていたように感じられました。次巻は主人公の見せ場のようなので、楽しみです。

すべての28レビューを表示

  • 海猫

    巻数を追うごとに内容のステージが上がるし、作品の面白さもあがっていく。実際の将棋界が奥深い世界で、そこからフィクションを抽出する手腕が良いのであろう。対局場面がかなり多く、それぞれの棋士が背負ったバックボーンに思い入れてしまうので引っ張り込まれる。これはシリーズとしての積み上げも効いているかと。前半はわりとコメディーパートが多かったので箸休め的な巻かと思いきや、とんでもない。まださらに白熱する。 続きを読む

  • 皐月

    アマでも出られるマイナビ女子オープンにあい、天衣、佳香さん。八一に異常な執着を見せる祭神雷は究極のエゴイストだった。嫌がる八一に、あいちゃんと雷が盤上で熱いバトル。「あなたにわたしの竜王が取れますか!?その勇気があるんですか!?」盤上でのあいちゃんの雷への問いかけ。最強の駒「竜王」で攻め、竜王を渡しないとあいちゃんの強い意志が雷を打ち破る。あの後のサプライズも良かったな。鵠記者の誤解を招くような記述とニコ動画に爆笑。次回、初めての防衛戦で最強の強敵に挑むこととなった八一と桂香がどうなるのか。 続きを読む

  • スズ

    女流将棋界最大の大会にして、世界で最も将棋が強い女性が決まる『マイナビ女子オープン』に出場するあい・天衣・桂香と共に上京した八一は、女流棋士相手に勝ち星を重ねる二人の愛弟子の成長に胸を熱くするが、因縁の女流棋士『女流帝位』・祭神雷と再会してしまい…。自分のためだけに強くなろうとする雷と、大切な人のために強くなろうとするあいとの対局が熱く、何故か普段よりも勝つ事に強く拘っていた愛弟子達の優しさに溢れた真意を知り、号泣しながら二人の「あい」を八一が抱き締めた場面では目頭が熱くなりました。この作品に出会えて幸せ 続きを読む

すべてのレビューを読む