発売日 2016年10月15日(土)

カリギュラ EPISODE水口茉莉絵~彼女の見た世界~

著者名:関 涼子(著者) おぐち(イラスト)

¥1,200(税別)

ISBN:
978-4-7973-8874-9
サイズ:
B6/1色
ページ数:
304
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・関 涼子

イラスト・おぐち

関涼子
GA文庫では「サーベイランスマニュアル」「アリス×アカデミィ -彼女のついたウソ- 」
「ありす×ユニバース -キャプテンはJK - 」等を執筆。
近年ではメインでゲーム企画、シナリオを担当している。
禁断世界でオマエを守る恋愛ADV「ピリオドキューブ」(メインシナリオ、監修)
死に際に想いを託すRPG「魔壊神トリリオン」(メインシナリオ、監修)
超ギャップ恋愛ADV。 公式「Jewelic Nightmare - ジュエリック・ナイトメア-」(メインシナリオ)
サスペンス・フィクションアドベンチャー「DUNAMIS15」 (ゲーム原案、シナリオ担当)
ほか

Twitter

Unable to load Tweets

  • カリギュラらしい内容 ※ネタバレ感想

    3.0
    りひと

    水口茉莉絵の過去とメビウスでの生活がメインで、視点や時系列がころころ変わって分かりづらい。文章は大変読みやすいのですが…。イラストは折りたたんであるカラーページに表紙絵と、ウィキッドの描き下ろしの物が1枚のみ。ゲームでは書かれなかった学園生活のシーンを挿絵付きで見れたら良かったなぁと言うのが本音ですね。※以下本格的なネタバレ帰宅部の過去やその後については書かれてません。オスティナートの楽士の出番もほとんど無く、帰宅部メンバーは割と出番がありますが鳴子を中心に女の子がメインです。現実の世界での事をエンディング後の後日談と言うのなら、エンディング最中の出来事を書いてる感じで、後日談は数ページ程度です。水口茉莉絵がヒロインな話を受け入れられるかどうかだと思います。

  • 5.0
    Y

    読者は、もしかしたら、水口の過去はありきたりで退屈だと思うかもしれない。主人公も彼女の過去を追体験し、水口は特別じゃないと言い、読者と同じ感想をもつ。しかし、このあとに続く言葉にはっとさせられる。「他人を全部理解することなんかできない。 だけど、水口の過去を見て、あんなの大した痛みじゃないって言えるヤツと、きっと俺は、友達になれない。」主人公が水口にかける言葉が優しい。主人公=読者もこの優しさを忘れてはならないと思わせる。良い読後感だった。さすがカリギュラである。カリギュラを好きな全ての人にオススメする。

  • カリギュラの世界観はいい

    5.0
    ゆのい

    水口さんとの人となりや生き方が見えてよかったです。文章が読みやすい。もう少しメビウスでの描写が欲しかった。

すべての10レビューを表示

  • AstiN

    想像以上に容赦のない話だったが、ゲームの世界観を最大限活かした結末になっていて非常に良かった。 続きを読む

  • endoumemo

    ウィキッドのサイドストーリー。話の構成としては面白みがなかったけど、ゲームの副読本的な位置づけならアリかなという感じ。最後のミュウの提案は個人的には蛇足かな? とも思う。 続きを読む

  • 杜杜

    電書で購入 続きを読む

すべてのレビューを読む