発売日 2016年12月15日(木)

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア7 小冊子付き限定版
ソード・オラトリア

著者名:大森藤ノ(著者) はいむらきよたか(イラスト)

¥990(税別)

ISBN:
978-4-7973-8935-7
サイズ:
文庫
ページ数:
312
付録・付属:
冊子

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・大森藤ノ

イラスト・はいむらきよたか

大森藤ノ(おおもりふじの)
第4回GA文庫大賞で【大賞】を受賞、GA文庫『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』でデビュー。
代表作:GA文庫『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』(イラスト:ヤスダスズヒト)、
GA文庫『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア』(イラスト:はいむらきよたか、キャラクター原案:ヤスダスズヒト)

Twitter

Unable to load Tweets

  • 小冊子の書き下ろしは良かったが、小説そのものは酷い

    3.0
    Amazon カスタマー

    内容は他のレビュアーが書かれているとおり、後味が悪く、賛否の分かれるものとなっている今までの外伝と同様、ロキ・ファミリアが結束すると強すぎて話が成立せず、個別の話にすればそれが解消されるものの、そこまで思い入れがない上に人数が多いので楽しめない、という構図今巻ではこの外伝の構造的欠陥をメタ的に扱ったのだろうかと勘ぐりたくなるレベルで、戦力を分断されて窮地を逃れる、というただそれだけ話が特に進むわけでもないので、この巻を丸々飛ばしても問題ないぐらいに中身がない小冊子の書き下ろし小説は、娼館街から出てきたベルがロキ・ファミリアの女性陣に見つかり、問いつめられたり疑われたりする話で、とても楽しく読むことができたこれで★+1して★3を付けるのがせいぜいで、通常版を買った人の評価が微妙になるのも仕方ないこれから買う人は期待しないで読むとちょうど良いと思う

  • PANO(新しい物好き)

    本編も外伝も、発売を楽しみにして読んでいます。いつもは読み終えた後、すぐにもう一度読み返していますが今回は読後、凄く物足らないというか、ストーリー自体はクライマックスが有って、最後は一応まとまっているんですが読み手としての気持ちは、「もう終わっちゃったの?」っていう感じで盛り上がりに欠ける内容でちょっとがっかりでした。本編が人造迷宮やダイダロス通り辺りの話なので、この話になったのかも知れないですが、個人的には、アポロンファミリアとの「戦争遊戯」の間の裏話的なものが読みたかったなぁ。(レフィーヤの出番も多そうな気がするし)

  • Amazonで購入

    biginer

    ロキファミリアについに犠牲者が出てしまいました・・・とても残念です。とまあ暗い話はさておき、犠牲者までも出してしまい、さらに攻略できずに敗走という結果に終わった今回の冒険。これからは人造迷宮クノッソスの「鍵」を血眼になって探すでしょう。そのわりに本編11巻でベルに対する質問の仕方が軽すぎると思いました。クノッソスの存在も鍵の存在も知っている と分かったのならもっと執拗にベルに質問しそうなのに、実際はヘルメスが登場した時にあっさり身を引く。正直違和感を覚えました。ともあれ現状明らかに存在する鍵は4つ(ゼノスが2つ所有 クノッソスに放置されているディックスの死体の目 バルカの目)クノッソスに入らず鍵を入手するのは不可能と思われます。しかし11巻でアスフィが「人造迷宮を探索しリオンに情報を提供する」と約束してますので、ヘルメスが眷属を使って、新たに鍵を入手するのでしょう。闇派閥の残党あたりから。精霊の分身は首を絞めれば魔法使えなくなると判明。今後出てくる精霊の分身対策に、しめ縄大量に買わなきゃね。次巻がとても気になる。4月までのお楽しみですね。ところで本編12巻はいつ発売なんだろう・・・?これまでのパターンからすると本編→外伝→本編と発売してるから4月より前に出るのかな?追記戦争遊戯あたりの話は前の巻で作者が「飛ばします」と予告してたじゃないですか今回、ベルとの絡みが少ないなあと嘆いていたら、特典のほうでガッツリ絡んでました。しかも25ページも!だんまちの特典小説は2pだけの事が多かったので予想外でとてもうれしかった!キャラクター設定集と漫画も描かれてるし、これから買う人には是非、是非特典つきのほうをお勧めします!ということで評価を一つ上げました

すべての5レビューを表示

  • しぇん

    相変わらず本編に近しい所での冒険を。今回は闇派の罠にはまり勇者も倒れ仲間は分断される等かってない苦境がロキファミリを襲うと。ここで犠牲者までも出しながらの敗走をする事になるとは驚きです。レヴィスもレベル7を超える強さってどうやって倒すんだという感じです。あと無謀としか思えなかったイシュタル。ここまで準備してたんだと少し可哀想に。あと没になったプロットも読んでみたい展開だったなと。 続きを読む

  • 眼鏡のおっさん

    面白かったけど……ハード過ぎない? スピンオフだからって舐めてかかると、痛い目を見る。この後どうするんだろう、と次巻を手に取ったものの、ちょっと挫けて、リューの外伝から読むことにする。 続きを読む

  • ツバサ

    今回はロキ・ファミリアの危機が描かれていたけど、本編と同時進行じゃないから無事って分かってるんだよね。だからか、ソード・オラトリアシリーズの中ではイマイチだった。良かったのは、ラウルと小冊子かな。前の構想の方が良かったんじゃないかと思う。 続きを読む

すべてのレビューを読む