発売日 2017年01月14日(土)

ゴブリンスレイヤー4

著者名:蝸牛くも(著者) 神奈月昇(イラスト)

¥600(税別)

ISBN:
978-4-7973-8955-5
サイズ:
文庫
ページ数:
296
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・蝸牛くも

イラスト・神奈月昇

第7回GA文庫大賞(後期)に、『天下一蹴 氏真無用剣』を応募、最終選考作品に。
編集部より応募者である蝸牛くも氏に打診、本作でデビューが決定。

Twitter

Unable to load Tweets

  • 他の人も書いている通り外伝短編集

    3.0
    Amazonのお客様

    ゴブリンスレイヤーは、もともとがシチュエーションと展開の叙述を楽しむ内容で、概ね文章・文体で読ませる作品ではないというのを再認識させられた巻でした。この短編がこの後の伏線になっている、ということであればこの巻の意味もあるような気がしますが、周辺設定の補足なお話が多くて、ナンバリングからは外しても良かったのではないかという気がします。

  • 2.0
    Amazonのお客様

    獣人女給の掌には肉球があるし指先まで毛に包まれているのに挿し絵でただのケモ耳娘と化していて残念です。がっくりきた。というのもイラストレーターさんは中身読んでないのかなと思うし、最悪イラストレーターさんはイラスト描くまでが仕事だからいいとしてもこの場合編集が仕事していないのが明らかなのでがっかりです。肉球は結構何度も書かれているのになぜこうなるんだ……?あとはイラストが不要(女性の性的特徴を不必要に強調するイラストは不快ですらある)なのでKindleに挿し絵オフ機能がほしいなあとゴブスレシリーズ読んでいるととみに思います。

  • これは本編とは関係ない形で出してよかったかも。次の巻読んでないけど、多分読まなくても次の話には繋がる。

    3.0
    けんけん

    細かい人物関係の機微は多少あれ?と思う可能性はあるかもしれませんが、この短編集はおそらく読まなくても本編は繋がりますね。強いて言えば男たちが妙にわかり合ってしまう場面が今後でてくるところがあるだろうから、そこで腑に落ちないとか、ひょっとしたら助けた槍戦士が復活して関わって……来ないと思うなぁ。くるかもしれないですね。ほぼスピンオフ的な巻でした。当時待たされた人達の気持ちを汲んで星3ですかね。内容的には悪くないとは思ったのですが、3.5巻と銘打っていれば星4だったと思います。……まあ、意外と後で大事な話があるかもしれないですけどね?

すべての26レビューを表示

  • まりも

    シリーズ初の短編集。ゴブリンスレイヤーや周囲の人物の日常や冒険を描いた話。男三人というむさい面子による冒険の話が一番面白かったです。実力者達が揃っているだけに、安定感と安心感たっぷりな良い戦いっぷりでした。その他の話もゴブリンスレイヤーの不器用な優しさを改めて感じる事が出来る内容だったので良かったです。ゴブリンスレイヤーの事を心配し、帰りを待っている牛飼い娘も、ゴブスレの仲間達と出会い人間関係を広げているみたいで何より。少しずつ周囲との絆を育んでいる彼らの今後が気になるし次巻も楽しみに待ってます。 続きを読む

  • よっち

    国王の依頼で悪魔の塔討伐に重戦士、槍使い、ゴブリンスレイヤーが挑んだり、飯を食わない彼に食わせようとする獣耳娘、牛飼娘・女神官・妖精弓手・受付嬢たちの休日などが描かれる短編集の第四弾。いずれも2巻~3巻頃の時期を舞台とした短編とのことですが、いつも飯を食わずに帰るゴブリンスレイヤーの真意や、そんな不器用な彼の周囲が気になる牛飼娘の関係が微笑ましいですね。牛飼娘はパーティーの女性陣や受付嬢辺りとも仲良くなっていたり、彼もそうですけど周囲と徐々に絆みたいなものが育まれてきていていいなと思えました。続刊も期待。 続きを読む

  • Yobata

    ゴブスレ短編集。牛飼娘や女神官,妖精弓手に受付嬢など、本編主要キャラ達の冒険のない日々や新米冒険家達や獣人女給など本編には描かれないキャラ達の冒険,挑戦譚が描かれてて、ゴブスレの世界観をより深く感じれた短編集だった。血生臭い,リアルな冒険劇のこの作品の中で、金欠に実力不足に憂いながらも一歩ずつ成長していこうとしていく見習戦士の冒険スタート譚は面白かった。4章では、まさかのゴブリン視点の話が展開してたけど、ゴブスレさんの登場で見事に殺られてたねw日常の短編だったけど、案の定ゴブスレさんの頭の中はゴブリンの→ 続きを読む

すべてのレビューを読む