発売日 2017年02月15日(水)

りゅうおうのおしごと!5 小冊子付き限定版

著者名:白鳥士郎(著者) しらび(イラスト)

¥990(税別)

ISBN:
978-4-7973-9010-0
サイズ:
文庫
ページ数:
360
付録・付属:
冊子

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・白鳥士郎

イラスト・しらび

白鳥士郎(しらとりしろう)
GA文庫より『らじかるエレメンツ』でデビュー。
代表作として『のうりん』シリーズ(GA文庫)など

Twitter

Unable to load Tweets

  • ここでは小冊子の感想を

    5.0
    テン

    原作5巻の感想は原作でしたので、ここでは主に小冊子の感想を書きます。結論として、良かったです。思った以上に小冊子が薄くて、手に入れた当初は『あれ?』と思いましたが、内容がよかったので満足しました。初めにしらび先生のイラストから始まり、様々なイラストレーターのイラストがあります。そして、特に良かったのは最後の書き下ろしss。オチは途中から予想できましたが、銀子好きにはとても微笑ましいssでした。原作でもこうなると良いですね。と言った感じで、小冊子の方も中々素晴らしい仕上がりとなっています。他の方々も書いている通り、原作も非常に感動出来ます。そんな原作と小冊子、買って損なしだと断言します。

  • 5.0
    琥珀

    あらすじなどについては、通常版のほうで素晴らしいレビューが並んでいますのでそちらに譲ります。個人的には、桂香さんと釈迦堂さんの一戦が伏線の回収という意味を越えて読んでいて涙が止まりませんでした。凡人が『将棋が好き』という気持ちだけを武器にどこまで伝説の存在に迫れるのか。物語だからこその結果かもしれませんが、作者先生が『すべてを背負ってもらいました』と語った彼女だからこそ心を揺さぶられたのだと思います。もうひとつの見どころは、月夜見坂さんと供御飯さんの八一との縁というのが明らかになった点。特に後者の供御飯さん、完全にやられました。漢字の読みで気づかれていた方も多かったでしょうけど、私は最終盤まで気づけませんでした。そして最後に、限定版の小冊子について。私はこの作品を読み始めたときから姉弟子がメインヒロインと認識していて、それは5巻読了後も全く変わっていません。イラストメインの小冊子の最後についているショートストーリーは、完全に姉弟子メインです。姉弟子ファンがこれを読んで幸せになれるかは保証できませんが、可愛い姉弟子を堪能できることだけは保証します。あまりにここまでの5巻が素晴らしいので次巻以降が蛇足にならないよう、さらに素晴らしい物語の続きを見せて頂けることを心から祈っております。

  • やや演出過剰な気がするが、読後感はとても良かった

    4.0
    Amazon カスタマー

    1冊丸々使った、八一vs名人の竜王位防衛戦、おまけでマイナビ女子オープン1回戦ハワイの初戦には一門が付いてきて家族旅行のようだったり、4戦目は「ひな鶴」でおこなわれて着実に外堀を埋められたりと、恋愛やギャグ要素も盛りだくさん将棋面ではシリアス展開が続き、やや演出過剰でくどく感じたが、一門のサポートが健気で、特に桂香さんが今巻でも泣かせてくれたさすがに展開が露骨すぎるため、このストーリー構成は賛否分かれるかもしれないしかし、観戦記者の鵠さんの観戦記等による締め方が素晴らしかったので、読後感はとても良かったあとがきの1文目で驚いたが、まだ続刊するようなので、次巻も楽しみにしているなお、小冊子の書き下ろし小説は、空銀子視点のif小説のようなもので、こちらもおもしろかったので、特に銀子ファンにはお勧め店舗特典のバレンタイン特典SSは4種類(あい編、天衣編、姉弟子編、JS研編)あるようなので、詳しくは作者HPを見てみると良い

すべての4レビューを表示

  • わたー

    こちらには小冊子の感想を。イラスト集が素晴らしいのは言うまでもない。特によかったのは、さがら総が書いた短編。ベテランらしい安定した筆致で描かれる、30年後の姉弟子とあいの姿は、原作顔負けの熱い展開とコメディパートが上手く融合しており、素晴らしいの一言。この少ないページ数でこれだけのものを書くとは。本編でも姉弟子には報われてほしいな。 続きを読む

  • Susumu Miki(Dik-dik)

    八一の竜王位防衛戦。本編はもちろん熱いのだが、「観戦記」がヤバいのと「感想戦」が今回もまた面白い。これまで「鵠」にはあえて読み仮名をふっていなかったんですね…。 続きを読む

  • ツバサ

    感無量、激動の第一部完といった感じで大変素晴らしかったです。読んでて何回も泣きそうになりました。八一はよく頑張りました。そして、周りのキャラクター達も様々な思いで八一を見ていて、今までの話が頭に浮かんできました。色んなことがあったなぁ。次巻からの展開はどうなるのか分かりませんが、りゅうおうのおしごとは名作と言えるのではないでしょうか。この作品は多くの人に読んで貰いたいと思いました。続きを楽しみにしています。 続きを読む

すべてのレビューを読む