発売日 2017年08月15日(火)

伊達エルフ政宗 4

著者名:森田季節(著者) 光姫満太郎(イラスト)

¥610(税別)

ISBN:
978-4-7973-9018-6
サイズ:
文庫
ページ数:
288
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・森田季節

イラスト・光姫満太郎

『ベネズエラ・ビター・マイ・スウィート』(MF文庫J)にてデビュー。
ほか『アルケミストの終焉創造術《ニルヴァーナ》』(GA文庫)、『不戦無敵の影殺師』(ガガガ文庫)、
『お前のご奉仕はその程度か?』、 『クラスメイト・コレクション』(GA文庫)等。

Twitter

Unable to load Tweets

  • 岡本

    信長を倒した後に話が続くのかと思いきや最終巻。あとがきで触れていた様な短編集とか良いと思うけど続巻は無いのかなー。気に入っていた作品だけに残念。 続きを読む

  • 真白優樹

    細川政元が殺され窮地に陥る中、京都を舞台に信長軍と勇十達連合軍が激突し合う最終巻。―――歴史を正しく導く為に、敵を味方と変えろ。史実で信長が討たれた日、本能寺の変。その日を正しく迎える為激戦を戦い抜く今巻。幾多の戦火が交わされ、無数の命が散る中で1人の魔王は討たれ、歴史は正しく歩き出す。そんな中で、勇十も一つの答えを選び、彼女と結ばれる巻となっている。魔王は討たれたものの、まだまだ群雄割拠な世界で、勇十は彼女と共に、どんな戦乱を駆け抜けて、未来をどう作り替えていくのだろうか。 うん、面白かった。 続きを読む

  • 木倉兵馬

    最終巻。全体的にあっさり目の作品だったような気がします。登場人物が多くなりがちなパラレル戦国ものを全四巻でまとめようとするとこうならざるを得ないのでしょうけれども……。他の作品と比べるのは避けたいですが、もしGA文庫が『境界線上のホライゾン』のように長大な作品を出版する持続力があったら……そう思ってしまいました。資料はちゃんとしていますが、四冊ではそれも縦横無尽には活かせない印象を受けました。個人的には島津ホムンクルス義久がポンコツそうだったので機会があれば彼女の活躍も見てみたかったですね。 続きを読む

すべてのレビューを読む