発売日 2017年05月15日(月)

グリムノーツ 

著者名:大泉貴(著者) 穂里みきね(イラスト)

¥1,300(税別)

ISBN:
978-4-7973-9082-7
サイズ:
B6/1色
ページ数:
376
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・大泉貴

イラスト・穂里みきね

大泉貴
作家兼シナリオライター。「グリムノーツ」のメインシナリオと世界観を担当。
代表作に「ランジーン×コード(宝島文庫)」、「アニソンの神様(宝島文庫)」、「我がヒーローのための絶対悪(小学館ガガガ文庫)」など。

Twitter

#あの子がこっちを見ている
ちまちま見かける気になるタグを追っていったら興味を持ちまして、おびんじょ致しました。ジョージおじとルイス、出来はいいんじゃないかな?

髭とガウンなんて最初からなかったんだよ!ね!
#グリムノーツ

単発で5回引いたらドロシー(学園)と
ジャンヌ(学園)出たー
ちょっと嬉しい
ドロシーは撮るの忘れたけど
#グリムノーツ

これマッチちゃんの代わりにルイス使いたいけど、古水持ってない。
古水ルイスに闘技場装填コアつけたら装填量結構あるよね…
#グリムノーツ

Load More...
  • しぇん

    何となくやり続けているソーシャルゲーム、グリムノーツのノベライズ。悲惨な物語の運命に縛られた世界で反逆する人達と、それを止めていく主人公達と何が本当の幸せなのか?と考えさせられるのが面白いゲームニアなってますね。ゲームのシナリオが好きなので買ってみたのですが、そういえばワイルドの設定なんかあったなーなどと忘れてた事があったので楽しめました。売上よければつづきだせるかも?という話ですが、ゲームのシナリオとほぼ一緒なので文庫で出して貰わないと続きかわないかなと。 続きを読む

  • hophead

    借りた。ゲームは一切やってないけど面白かった。希望と絶望のバランスというか絶妙な後味の微妙な悪さがよい 続きを読む

すべてのレビューを読む