発売日 2018年03月15日(木)

ゴブリンスレイヤー7

著者名:蝸牛くも(著者) 神奈月昇(イラスト)

¥630(税別)

ISBN:
978-4-7973-9161-9
サイズ:
文庫
ページ数:
360
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・蝸牛くも

イラスト・神奈月昇

第7回GA文庫大賞(後期)に「今川氏真が嫁さんの蔵春院とイチャイチャしつつ浜松から京都まで、信長と蹴鞠しにいくついでに、家康から頼まれて密命を何とかするべく、「甲賀金烏衆」の忍者をバッタバッタと斬り伏せるお話。」『天下一蹴 氏真無用剣』を応募、最終選考作品に。
編集部より応募者である蝸牛くも氏に打診、『ゴブリンスレイヤー』でデビューが決定。

Twitter

Unable to load Tweets

  • よっち

    故郷から知らせを受けた妖精弓手の招きで森人の里に行くこととなった一党。川を上り森人の里を目指す一党がゴブリンに遭遇し、密林の奥に潜むと言われている古きものが現れる事件が起きる第七弾。今回は牛飼娘と受付嬢も加えた一党で森人の里訪問となりましたけど、ゴブリンスレイヤーの行くところゴブリンありとなるのはお約束ですね(苦笑)彼に会って頼まれごとをされ心浮き立つ剣の乙女が可愛かったり、相変わらず過酷な戦いでは窮地に女神官の奮闘もあったりで、彼も周囲も少しずつ変わってゆく今回もまた読み応えがありました。続巻に期待。 続きを読む

  • まりも

    妖精弓手の姉の結婚式に招待された一同が向かった森人たちの里にゴブリンの影が…。妖精弓手の故郷を守る為、ゴブリンを殲滅する為、我らがゴブリンスレイヤーが立ち上がるシリーズ第7弾。日常回と思ったら全然そんなことは無かった。水着やお風呂で目を癒し、ゴブリンたちのグロすぎる拷問虐殺で読者の心を削り、神官ちゃんの奇策で驚かせる。やってる事は毎回一緒なのにこうも飽きないのは流石だなぁと。むしろグロに関しては今回が一番凄かった気がします。この作品のゴブリンはエゲツないことこの上ないな。 続きを読む

  • むっきゅー

    まさかの水着回。この殺伐とした世界観でキャッキャウフフとは。これがアニメ化効果か。さて今巻は、エルフの結婚式に招待され、いつものメンバーに牛飼娘と受付嬢を加えて休暇を楽しむ話、のはずがゴブリンが出たので、ゴブリンを退治する話。いつもの展開ですね。しかし、結婚式に出席するというのに、服にゴブリンの血や糞尿を塗りつけてダンジョンに潜る妖精弓手と女神官。ちょっと笑ったわ。 続きを読む

すべてのレビューを読む