発売日 2017年07月15日(土)

りゅうおうのおしごと!6

著者名:白鳥士郎(著者) しらび(イラスト)

¥650(税別)

ISBN:
978-4-7973-9189-3
サイズ:
文庫
ページ数:
384
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・白鳥士郎

イラスト・しらび

白鳥士郎(しらとりしろう)
GA文庫より『らじかるエレメンツ』でデビュー。
代表作として『のうりん』シリーズ(GA文庫)など

Twitter

Load More...
  • 1巻から一気読みしました

    4.0
    面白い物好き

    他の方もコメントされていますが,終盤は本当に引き込まれますし,次巻がまだまだ楽しみです。あと,会長マジかっこいいっす。とはいえ,前巻以上に主人公が鈍感すぎて,空銀子女流二冠ファンとしては,主人公を大阪湾に重石付きで沈めたくなるのが難点ですが(笑)

  • 5.0
    sayuki

     5巻が最終回仕様でよくできていたので、実は少し心配していましたが全くの杞憂でした。少しはおバカなところもありながら、非常にシビアな話が続いていますが面白いです。銀子ちゃんも天衣ちゃんも今後、心配なところありですがあいは大丈夫そうです・・・??最もやばいのは八一かもしれません。このままでは周りが見えない本当の将棋星人になるか??人ではなくなる感じがしてきていますが将棋で無双したり神になったりするのは勘弁してもらいたいのですがねぇ・・・

  • 良かったです

    5.0
    Amazon カスタマー

    この巻も良かったです。五巻までの出来があまりに良かったため、ここからどうなっていくのか、それが気にかかっていましたが良かった。今の私の願いはこの先少しでも長くこの小説が続き、話とキャラクターと先生のあとがきが読みたい。

すべての42レビューを表示

  • 海猫

    今回は空銀子メインというべき巻で、実際の将棋界が過酷であろう上に展開も厳しく、手応えがあった。またしても天才と凡人というテーマがどっしりと描かれる。そのぶん主人公のパートはギャグが多く、爆笑。将棋盤作りのエピソードもなかなか興味深く、やはり内容が濃い。著者が後々で大きいドラマを持ってくる気なのが伝わってきて、やはり続刊を読みたくなった。 続きを読む

  • スズ

    新年を迎え、関西将棋会館の指し初め式出席や棋士室&大盤解説会の聞き手デビュー等、女流棋士となった二人の弟子に新たな将棋の世界を見せる八一。一方、銀子は女性初の奨励会三段昇格を賭けた対局に挑む事になるが…。慕ってくれる弟子達を可愛がりながらも、一人の棋士として、一人の人間として立派になってほしいと願って二人の弟子に贈った贈り物が素晴らしすぎ涙腺が緩みました。昇格=将棋の神様に愛された化物達の巣窟に一人で放り込まれるという桁外れのプレッシャーに押し潰されそうな銀子が、将棋星人達にどう立ち向かっていくのか楽しみ 続きを読む

  • 皐月

    今回、いつもよりロリ成分が多めに感じたけど、メインは銀子の話です。いつも弱みを見せない銀子が、女性初奨励会三段に挑むなかで精神的に限界まで追い込まれる。今回の銀子は今までで一番メンタルが弱くなってたな。読んでるこっちまで辛い気持ちなります。ラストの恋する乙女の銀子の願いが叶う日が来るといいな。新キャラシューマイ先生の暴走がすごかった。言葉が卑猥すぎる。八一の天衣へのプレゼントと、まさかの作者のあとがきで涙。 続きを読む

すべてのレビューを読む