発売日 2018年07月14日(土)

魔女の旅々 7

著者名:白石定規(著者) あずーる(イラスト)

¥1,200(税別)

ISBN:
978-4-7973-9613-3
サイズ:
B6/1色
ページ数:
320
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・白石定規

イラスト・あずーる

白石定規(しらいし・じょうぎ)
本作、GAノベル版『魔女の旅々』で商業作家デビュー。

Twitter

Unable to load Tweets

  • このシリーズは本当に素晴らしい

    5.0
    奏咲

    笑いあり、涙ありまさに"出会いと別れの物語"が紡がれています。7巻ですので、これまでもこの"魔女の旅々"を愛読されてきた方であれば楽しめるはずです。

  • 5.0
    limitedexpress3532

    今回もいろいろな人と出会います。本編は7章以降でしょうがなんといっても5章がすさまじいです。気になる方は是非読んでください。

すべての2レビューを表示

  • ソラ

    7巻に来て過去最高だったと思う。古龍の話と大人になったイレイナさんと2人の生徒の話は好きすぎて…! 続きを読む

  • 無月斎

    イレイナ先生はちゃんと大人になっているんだ。リナリアのクールで友達欲しい歴史オタクはかわいい。今回は孤独な二人が仲良くなる話がおおい。ルシェーラとナターシャ。伝説の中で悪竜と英雄が孤独を理解する展開はウルリときた。共感したのは変容しすぎた英雄により彼女を知りたいのにわからなくなり玩具にされた下りは真田信繁を思いだす。いわれすぎて元がわからなくなったあたりが。ナターシャは無数に語られ愛されたのに彼女の孤独を誰も気づかない。最後は女神像のように偽装された物が広がるあたりは歴史物の闇をうっすらと見せてもらった。 続きを読む

  • ぶなぶな

    いい話が多かったです。『羊を飼育』する村の話はおぞましかったけど。シャロンみたいなキャラ結構すき。イレイナの冷めたツッコミと相性がいいな。ルイス達は凄絶で辛い境遇に苦しんだけど、これからは二人の幸せを築いてほしい。古竜と魔女も孤独を抱く二人がどこか惹かれ合う話という点で似てるかも。そして今回は数年後の先生になったイレイナも登場。まあ旅の途中だったみたいだけど。過去へ簡単に行けるとなるとそりゃ試してみるし嵌ってしまうか。アルテとリナリアはいい友達になれそう。もっと言うとこれはいい百合。 続きを読む

すべてのレビューを読む