発売日 2018年09月21日(金)

Illustrator しっかり入門 増補改訂 第2版 【CC完全対応】[Mac & Windows 対応]

著者名:高野 雅弘(著者)

¥1,980(税別)

ISBN:
978-4-7973-9725-3
サイズ:
B5変
ページ数:
248
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・高野 雅弘

サポート情報

この商品に関するお問合せはこちら
※ご意見、ご感想も、このフォームよりお寄せください

Twitter

Unable to load Tweets

  • 初心者にやさしいゼロベースの説明

    5.0
    Amazonカスタマー

    アドビがとっつきにくいのは、独善的なカタカナ用語と深いメニュー階層のごちゃごちゃ。たとえば、「基本アピアランス」とか「アセットの書き出し」とか、わかる人の方がおかしい。まして、それがどこにあるか、なんて、ほとんど嫌がらせとしか思えない。とくにdraw系のIllustratorは、ひどい。(それでも、昔よりましなんだけどね。)でも、文句を言っている場合じゃない。とにかく使いこなさないと、という人のためには、これは、ほんとによくできている。各ページ、左側の文章の説明と、右側の実際の画面(メニューと結果例)とが対照になっている。用語が、画面のどのメニューに当たるのか、丸付き数字で対応している。また、その設定画面(コマンド)まで、ゼロ状態のメニューから、どうポチってたどり着けるのか、文章側に肌色のマーキングで示されている。これらだけでも、初心者が直面する問題の多くが解消する。ただ、Illustratorがどうしても印刷を前提としているために、本としては色合いが地味で濁って見える。(彩度が高いのは印刷できないからね。)それにしても、どうせ実例なんだから、もっとわかりやすい色でいいのに、わざわざ鈍い色にしている。つまり、色が汚い。そのくせ、レッスンのところに変な吊り看板の絵を入れたり、ほとんど全文が小さなゴシックフォントだったり。書籍デザイナーの個人的な趣味なんだろうけれど、余計なお世話。本より、読者のために説明や図解をくっきりさせるのが仕事でしょ。こういう勘違い野郎のせいで、せっかくの著者の工夫が削がれている。次の版では、レイアウトはこのままで、しかし、デザインはゼロベースから見やすいものを考えた方がいいのでは。

  • 5.0
    Uniteeed

    制作部の新卒社員の教材を探しており、評判の良さから本書を選び、買い与えました。ビギナー向け入門書というコンセプトで基礎から丁寧な解説で書かれており、本書で得た知識をOJTで実践・応用し、アウトプットの幅を広げる使い方をさせています。イラストレーターはバージョンごとに進化を重ねるので、ベテランが使い慣れない新機能はハンズオンでは教えにくく、本書の解説と付属のレッスンデータは非常に役に立っています。初心者向けとては、質と量共に満足できる一冊だと思います。

  • 超初心者だと

    3.0
    みー

    内容が少し難しいかなと思うところもありました。今後知識を積み重ねて辞書引き利用できるようにしていきたいです

すべての31レビューを表示