発売日 2019年02月23日(土)

レイアウト・デザインの教科書

著者名:米倉 明男,生田 信一,青柳千郷(ベーコン)(著者)

¥2,300(税別)

ISBN:
978-4-7973-9731-4
サイズ:
B5変
ページ数:
184
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・米倉 明男,生田 信一,青柳千郷(ベーコン)

米倉 明男
AOL(America Online)のアートディレクターとしてアプリケーションのUI設計・デザインに従事したのち2007年からフリーランスとして活動。専門スクールのデジタルハリウッドでUIデザインやタイポグラフィの講師を務める。

生田 信一
エディトリアルデザイナー、編集者。東京デザイン専門学校非常勤講師。書籍・雑誌の企画・編集・デザイン・執筆を行う有限会社ファー・インクの代表を務めている。また専門学校ではDTP講座を受け持つ。

青柳千郷(ベーコン)
グラフィックデザイナー/ブロガー1984年生まれ。北海道在住。発想力を武器としたデザイン・動画・音楽制作が得意。運営している「ベーコンさんの世界ブログ」は、デザイナーへの悩み相談やフォントの使い方、わかりやすいデザイン基礎講座など、月10万人以上の人たちに読まれている。

Twitter

Unable to load Tweets

  • Kindle版だってデザイン本は楽しく読める!

    5.0
    gattuworks

    Twitterで出版を知った本です。著者の一人がブログで「デザインに関するオススメ本」を紹介していました。それらを何冊か読むと腑に落ちることが多くありました。その方が書いた本なら!と思い購入。いつもは紙の本を買うのですが今回はあえてKindle版に。Kindle版の良いところはスマホに入れていつでもどこでも持ち運べること。タブレットも併用していますので、あるときはタブレットで読みます。デザイン関連の本はサイズが大きいのですが、Kindle版だと休憩時間やスキマ時間に見ることができます。デバイス間で読んだところまで同期してくれるので何かと便利。拡大もできるので読むのに苦労はしません。Kindle版のちょっとね、なところはパラパラとめくれないところ。パラパラとめくることは紙の本の醍醐味だと感じます。この本はデザインの良い見本、悪い見本がありデザイン集的な使い方もできます。しかし、読みたくなるのです。図でデザインの良し悪しを見せられ、文章で理解をさせてくれます。初心者にとっては教科書なのですが、中級者には我流に走りがちなデザインを整えてくれるように感じます。これまで10冊以上、デザイン関連の本を読みました。そのなかでも文章やデザイン見本などがすんなりと入ってくる良書です。写真はiphone6sのスクリーンショットです。

  • 4.0

    レイアウトの考え方やデザインのテクニックなど、実用的かつ視覚的に教えてくれる良書。デザインの入門書として、また都度確認するバイブルとして手元に置いておくと良いと思います。数あるレイアウト・デザイン書の中でここ最近で一番良かったです。

  • 良書です

    4.0
    こだまあかね

すべての7レビューを表示

  • nizimasu

    この本は本当に役に立つし今やっているデザインの勉強にも参考になった。この本に限らず最近でるレイアウトの本は技法を惜しみなく出しているあたりは本当にありがたい限り 続きを読む

  • も・ω・げ

    最近読んだデザインの本でイチバン役に立ちそう。まさに教科書という名のごとく、レイアウトの基本が載っているので、煮詰まったときに試してみたい。 続きを読む

  • Taro Yamada

    図解のレイアウトデザイン向上のため購入。レイアウトの例と模式図がセットになっており、レイアウトに関する理解がかなり深まった。 特に余白のバランスの取り方が勉強になった。それなりに知識があるはずなのにどうもレイアウトが「しっくり来ない」という人にはぜひ読んでほしい。 また3ヶ月後くらいに読み返す予定 続きを読む

すべてのレビューを読む