発売日 2018年12月21日(金)

「ファンタジーキャラ」描き方教室
デジタルで描く! 世界を魅せるキャラの技術

著者名:つよ丸、七原しえ、もくり、山村れぇ(著者)

¥2,200(税別)

ISBN:
978-4-7973-9738-3
サイズ:
B5
ページ数:
180
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・つよ丸、七原しえ、もくり、山村れぇ

●著者(50音順)
つよ丸
七原しえ
もくり
山村れぇ

サポート情報

この商品に関するお問合せはこちら
※ご意見、ご感想も、このフォームよりお寄せください

Twitter

前回と似たツイートですが…
よー清水先生の「ファンタジー背景」描き方教室でも3枚のイラストを模写していたのでアップします。
再現度は低いですが、緻密な描画は時間を費やせばできると確信を得られました。
みんなも「キャラの背景」描き方教室と「ファンタジー背景」描き方教室、買おう!

Load More...
  • メイキング本

    4.0
    ゆぃんろん

    基本的にメイキング+ワンポイント解説本ですこれが読んでわかるとなると同じクラスのもの描ける人になると思いますそういう意味では教本と言うよりメイキング解説として捉えてくださいなのでむしろメイキングが欲しい人向け基礎的な部分ではなく、むしろ応用や運用の仕方ですので、基礎的な教本が欲しい場合は別途用意しましょう(多少の解説はありますけども、ワンポイントコラムなので)個人的にはレイヤー分けのあるPSDなどあると嬉しかったですが仕方ないのかな比較的オーソドックスな手順なので、意義や意味などは自力で探さないといけないものの、形から入るにはいいと思います欠点としては、その意義や意味、魅力って、具体的にはなんなのかがわからないから困ってるんじゃー!って人向けの解説はあまりないですどっちかっていうと料理で言えばレシピ本なので、なぜそのレシピになるのか、そもそもどうやってレシピを組んでいくのかの説明はないですなので、このレシピを使ってこの手順で料理を作りましたって感じの本ですそこが欲しい人もたくさんいるので、そういう人には合うと思います

  • 4.0
    日月白夜

    ゼロから完成まで、どういった工程でプロの方が制作するのか、というのがわかる本です。プロの方のアイディアの出し方や構造などといった部分が図解付きで解説されているのが良かったです。個人的にはドラゴンについて書かれたページが最も参考になりました。本書ではクリップスタジオを使用していますが、ツールの詳細などの使い方がない点には注意してください。なので、「乗算レイヤーを使います。」などといった使い方はどうすればいいかと考えてしまう人は別の書籍やインターネットなどで補完するなどしないと難しいと感じます。全体的に厚塗り系の感じが多いので、カバーや公開されている絵を見て、好きな絵、好きなプロの方がいるかどうかが購入のポイントになるかと思います。

  • 中級者以上

    4.0
    gdgd

    基本的にはクリスタ、あとはフォトショでの制作の流れです。各イラストレーターによって作業パターンが異なりますが、それに沿った流れで解説されています。内容としてはまさにアイデア集です。実質的に中級以上の方向けで、基本をすでに学んでいる人用かと。ここの塗り方がよくわからない、どんなブラシを用いているのだろう、というところもちょくちょくありますが、そういった基本的なところは省いて豊富にアイデアを提供してくれています。またところどころで欄外にPOINTとしてちょっとしたTIPSを網羅してくれています。これが案外なるほどと感心するものが多く、これはアイデアを学ぶ上で有用でしょう。ちなみに各セクションでは数ページ使ってTechniqueとして老化の表現、境界効果など、これまたとても役に立つ内容が記載されています。総じて、この本は「描き方」を解説してくれているものであり、「塗り方」を解説しているものではありません。塗り方に関しては別途勉強が必要ですね。

すべての24レビューを表示