発売日 2018年10月15日(月)

ゴブリンスレイヤー8

著者名:蝸牛くも(著者) 神奈月昇(イラスト)

¥630(税別)

ISBN:
978-4-7973-9809-0
サイズ:
文庫
ページ数:
352
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・蝸牛くも

イラスト・神奈月昇

サポート情報

サポート情報はありません。ご不明な点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

Twitter

Unable to load Tweets

  • むっきゅー

    剣の乙女を始めゴブリンのトラウマから再び立ち上がる女性の物語でしょうか。剣の乙女の護衛として王都に到着したコブスレさん一行は、ゴフリンに拐われた王妹を救うため最難関の死の迷宮に挑む。令嬢剣士も立ち直って活躍しているのも良かった。W主人公(と勝手に思ってますが)の女神官も鋼鉄等級とは思えないほどの活躍をみせて面白かったし、仲間とのパーティープレイが自然となったコブスレさんの成長、物語の最後には牛飼娘の待つ家に帰っていくシーンが、この殺伐としたダークファンタジーを読んでホッと安心できる部分ですね。【サイン本】 続きを読む

  • よっち

    辺境の街のギルドにやってきた大司教・剣の乙女がゴブリンスレイヤーたち一党に王都までの護衛を依頼。一方、王都では霊峰に天より火石が落ちてきたことで、災厄の兆しが囁かれる第八弾。ゴブスレさんに会えてすっかりウキウキしている剣の乙女の姿が微笑ましかったですが、王妹の出来心から発生した事件は様々な想いや思惑が複雑に絡み合っていて、えらく大変な思いをしたはずなのにそれをゴブリン退治で終わらせてしまうゴブスレさんの大切に思っていることが垣間見えたり、女神官もまた思うところがあったりしたなかなか興味深いエピードでした。 続きを読む

  • まりも

    剣の乙女の護衛で王都に赴く一行。そこでゴブリンスレイヤー達は王都の地下にある迷宮に巣食うゴブリンを殲滅する為ダンジョン攻略に挑むシリーズ第8弾。ゴブリンある所にゴブリンスレイヤーありといった感じで今回も今回とてゴブリン退治をする事になった一行。ダンジョンが舞台だったからか、いつも以上にハラハラドキドキの展開となっており気になってページを捲る手が止まらなかった。ゴブリンスレイヤーの内情であったり、女神官の活躍も見所であったりと見所も多く、今回はかなりの読み応えがありました。変化が見受けられたのは嬉しいな。 続きを読む

すべてのレビューを読む