発売日 2018年12月15日(土)

ゴブリンスレイヤー9 ゴブスレ事典(完全版)付き限定版

著者名:蝸牛くも(著者) 神奈月昇(イラスト)

¥1,200(税別)

ISBN:
978-4-7973-9811-3
サイズ:
文庫
ページ数:
288
付録・付属:
冊子

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・蝸牛くも

イラスト・神奈月昇

Twitter

Unable to load Tweets

  • 本編は牛飼娘メインで。

    5.0
    Millefeuille

    牛飼娘とゴブリンスレイヤーの2人きりで、冬に食糧難の遠方の村へ食料を融通しに行く話。そう、2人きりで。この機会を逃すまいとゴブリンスレイヤーの気を惹こうとめかし込んで、結局寒さにくじけおじさんに呆れられる牛飼娘が可愛い。大丈夫。貴女の勇姿は挿絵で読者を楽しませたから無駄になってないよ(笑)まぁこのシリーズ故に、30頁といかないウチにゴブリンの襲撃を受けるんですが…。そのころいつものメンツは新米戦士達の至高神さまの試練に付き合って冬山へ。彼らがいない分、戦闘の華々しさというか、いつもより地味な感じはして★4にしようかと思ったが、乙女を守るのも勇ましい冒険譚も価値に優劣は無いかと思い直し★5で。いつも泥臭く藻掻いて命と勝利を拾う点は同じだしね。あと牛飼娘がイチオシな方には★+1だろうしwただ女神官がゴブリンスレイヤーの影響を強く受けているというかもはや弟子というか、たくましく描かれている部分は女神官ファンには悲喜こもごもかもしれないが・・・。小冊子も読み物として成立している内容の充実っぷりだった。また、例によって見開き2Pに届くか届かないか程度のショートストーリーも、コミック版なんかと同様に収録されていて、ゴブリンスレイヤーの世界にどっぷり浸かりたい方には必携の出来になっている。(追記)後日ふと思ったのだが、食料の融通の件は寡黙なゴブリンスレイヤーが受付嬢に自ら語るワケは無いし、でも受付嬢が知っていたと言うことはギルドの依頼だったのだろうか。だとすると馬も荷物も早々に諦めた今回の依頼は失敗ってこと?

  • 5.0
    白米(しろこめ)

    本編では、女神官ちゃん変なの2号になるの巻ゴブスレ辞典はゴブリンスレイヤーの世界観を面白おかしく、且つ分かりやすく書かれています。色んな作品のパロディ(主にトールキン作品)があるので楽しく読めますよ。

すべての2レビューを表示

  • サケ太

    作者が本当に色々読んでいるのがわかる。やる夫版でのネタが続々と使われるっぽいので、今後の他作品にも期待してしまう。今回は久々にゴブスレさん単独でのワザマエな所を見れて満足。女神官も毒されててほっこりした。 続きを読む

  • 配達にでかけたゴブリンスレイヤーと牛飼い娘をオーガ率いるゴブリンに襲われた二人、そして新米剣士と新米聖女についていくことになった他のいつものパーティーたち。今回も面白かった。絶体絶命に近いゴブリンスレイヤーと牛飼い娘はハラハラしたけど、いつものゴブリンスレイヤーだったし、女神官が完全にゴブリンスレイヤーの悪影響を受けててそっちの方はちょっと笑ったw 続きを読む

  • 真尋

    久し振りのソロ狩り+護衛任務で難易度が上がっているゴブスレと作中外からゴブスレさんの影響を受けまくった女神官の話。白磁のお手伝いな名目だったはずなのに白磁の活躍が地味で気の毒。そして状況は圧倒的不利でもいつものゴブスレさんの安心感。特典の辞典は色々キーワードを集めて作者のコメントな内容になっているので辞典感はなかったけれど本編で見落とした箇所が補える良い冊子。完全版ならもっと装丁を凝って作ったら良かったのに。 続きを読む

すべてのレビューを読む

関連著者・監修者 商品

同じジャンルの商品