発売日 2018年11月15日(木)

きれいな黒髪の高階さん(無職)と付き合うことになった

著者名:森田季節(著者) 紅林のえ(イラスト)

¥600(税別)

ISBN:
978-4-7973-9892-2
サイズ:
文庫
ページ数:
256
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・森田季節

イラスト・紅林のえ

『ベネズエラ・ビター・マイ・スウィート』(MF文庫J)にてデビュー。
現在、『スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました』(GAノベル)等。

Twitter

Unable to load Tweets

  • 絵に描いたような凡作

    1.0
    Millefeuille

    主人公が大学で見かけた美女は、新勧サークルでの合法的無銭飲食を狙って紛れ込んできたニートだった。インパクトがあるような、無いような…。しばしば見かける日常系ラノベのようにだらだらと話は続いていって、何時の間にか暇人であることを見込まれて彼女と付き合うことに…。ヒロイン(仮)は美女、主人公が(幽霊として)所属しているサークルの可愛い子、家庭教師のバイトの教え子の可愛いJK…仄かに恋愛を匂わすような部分もあり、ボケツッコミもふんだんに散りばめられていたが、何故だろう。ちっとも面白くない。読みながら、笑いも、悲哀も、ワクワクもドキドキも全く感じなかった。ボケツッコミもほぼスルーで何ら印象に残らなかった。終始買った事への後悔の念のみ感じていた。だらだらラブコメディとありますが、「だらだら」だけで「コメディ」部分が致命的なほど私には合っていないようで終始真顔で読み終えてしまった。キツいことを言うと著者のファンとかいうのでなければあえて買う理由が見つけられない出来と感じた。いつか面白くなるかもというよりも、お金を払ったから最後まで読もうと努力して読了したが、時間の無駄遣いは人生の無駄遣いなのではないか、との悟りを得ただけだった。

  • 4.0
    ヤボ夫

    大学2年生菅原日之出(ひので)19歳は、きれいな黒髪の高階紅礼羽(くれは)20歳が合法的食い逃げをする現場に遭遇したことから、彼女と付き合うことになります。気楽にと言いながらお互いを拘束してしまうサークルを脱した日之出が、まったり自分流の勉強や読書をしながら、女性連と仲良くしていきます。このあたりは同じく京都を舞台とする森見登美彦「夜は短し歩けよ乙女」を連想させますが、作者、森田季節が2011年10月に星海社から出した「エトランゼのすべて」、ニートの年上女性と年下の大学生を中心にした、弱い人に手を差し伸べる人々の優しさの物語に近いように思います。本作で主人公の日之出、ニートの高階さん、しっかりした女子学生狸林祭利さんがいるのは、「エトランゼのすべて」のキャラ配置と相同です。女子高校生の日南瀬(ひなたせ)彩乃が加わるのは新しいですが。でも、本作は「エトランゼのすべて」よりもずっと軽い。そこから生きることの苦いところを全部抜いて、劇的なところ、大きな感情の揺れも消して、まったりさせたのが本作のように思います。炭酸も甘みも極めて薄く作ったレモンスカッシュのよう。特に大きな山場はなく、あれこれのちょっと楽し気なシーンが連なるので、御用とお急ぎでない方で、活字を追っていないとイラついてしまう人にとりあえずこれで急場をしのいでもらうには適しています。薄く作ったレモンスカッシュですから、ほとんどカロリーもなく、後には残りません。多少はガツンと来る、斜め上を見上げる作品がお望みであれば、「夜は短し歩けよ乙女」や「エトランゼのすべて」をお薦めします。

  • あえて薄く作ったレモンスカッシュ。文字を読んでいたい人にはGood。毒は無い

    3.0
    アイダホ

すべての7レビューを表示

  • よっち

    サークルも幽霊部員と化して暇を持て余し気味だった京都の大学二年生・日之出。再起を期して潜り込んだ新歓コンパでミステリアスな年上ニートの高階さんと出会う青春小説。高階さんが言った「付き合って欲しい」の真意を確かめられないまま、ゆるゆるとした日々を共に過ごすうちに少しずつ心境が変わってゆく日之出。サークル仲間の祭利や彼が家庭教師を務めるJK彩乃も絡めた人間模様にはこれまで育まれてきた確かな関係があって、彼女たちとのドキドキ展開が恋愛に直結しなくても、これはこれで悪くない大学生活なのかなとか思ったりしました。 続きを読む

  • むっきゅー

    【サイン本】京都大学?が舞台の学園ラブコメ。珍しいな。ボッチな文学部二年・日之出くんが、新歓コンパに紛れ込んでただ飯を食っていたニート・高階さんに出合い、意気投合して「ニート生活を付き合う」話。かなりツボに入った作品で、メチャクチャ笑いました。ニートに気高い誇りを持つ高階さんとの会話が面白く、日之出くんの思考パターンがボクとよく似てて親近感がわきました。崩壊寸前のサークルや、家庭教師先の高校生が恋バナばかりで授業がグダグダになるとか、懐かしいな。ラブコメ展開は、ボクには全くなかったので、うらやましかー。 続きを読む

  • わたー

    ★★★★★プロニートの高階さんに付き合ってダラダラと過ごす日常系コメディ。彼らの付かず離れずなユルい生活がとてもいい。事件なんて起きなくても、気の置けない人と一緒なら人生が豊かになる。それがたとえニートだとしても。それにしても、あるきんぐのサークル崩壊が他人事とは思えないほど妙にリアル。これが実話をもとにした部分なのだろうか。私にも経験g…うっ…頭が… 続きを読む

すべてのレビューを読む