発売日 2018年09月15日(土)

[Si新書]英語の瞬発力をつける9マス英作文トレーニング

著者名:林一紀(著者)

¥1,000(税別)

ISBN:
978-4-7973-9894-6
サイズ:
新書
ページ数:
192
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・林一紀

林一紀(はやし かずのり)

1954年生まれ。1978年東京大学教養学部基礎科学科卒業、ソニー入社。1993年筑波大学社会人大学院・経営政策科学研究科・修士課程修了。経営学修士。20代の頃、自らの英会話学習を通して「日本人の脳には英語の出だし部を演算処理する回路が存在しない。これさえ解決されれば、日本人の英会話習得は劇的に加速化されるに違いない」と感じて以来、問題意識を持ち続ける。やがて、自らその解決法の探索に着手。9マスの脳トレギアを考案し、メソッドを体系化。特許を取得しスリーキートレーニング(Three Key Training(R))と名付ける。

サポート情報

この商品に関するお問合せはこちら
※ご意見、ご感想も、このフォームよりお寄せください

Twitter

Unable to load Tweets

英語の瞬発力をつける9マス英作文トレーニング"]
  • YUK

    このトレーニングを日本語でやろうとすると、楽々できますので、英語を極めていけば、英語でも楽々できるようになるのだろうとは思います。しかし、初心者がこのトレーニングをすると、果たして会話力が劇的に上昇するのだろうか?と考えると私は疑問です。ネイティブはこのトレーニングをして母国語の達人になった訳ではなく、「多読多聴多書多話」によりネイティブになっていると思います。ですので、「毎日英語を使い続ける」ことが唯一のトレーニングではないでしょうか。 続きを読む

  • AQL

    かけ算における九九のようなチャンツ(意味は後回しで短いフレーズを暗唱すること)によって、頭の中で日本語から英語に翻訳するのではなく、場面に即した英語が反射的に口を突いて出るようにする、というトレーニング法。基本文型どころではない基本の基本(肯定・否定・疑問文/一人・二人・三人称/現在・過去・未来時)しか押さえていない点は評価が分かれそうだが、九九だと考えれば実用性は疑いを容れない。 続きを読む

すべてのレビューを読む