発売日 2019年12月20日(金)

配色デザイン良質見本帳
イメージで探せて、すぐに使えるアイデア集

著者名:たじま ちはる(著者)

¥2,300(税別)

ISBN:
978-4-7973-9927-1
サイズ:
B5判
ページ数:
176
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・たじま ちはる

たじま・ちはる

大阪芸術大学を卒業後、制作プロダクション、広告代理店、企業のインハウスデザイナーを経て2017年にHUMOREを掲げて独立。グラフィックデザインとWebデザイン、双方の分野で「目的を達成するために、誰に何をどんな手段で届けるか」といったマーケティングから携わる。
実務で得た知識を「デザインの考え方」として発信することを好み、Adobe MAX Japan 2017、CSS Nite、Jagatといった数百人規模のイベントにて登壇を行う傍、職能訓練校にてデザインの講師も務めている。

サポート情報

サポート情報はありません。ご不明な点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

Twitter

  • クレジットも見応えあり

    5.0
    beerbgbg

    クレジットに6ページ。作例で掲載された企業名だけではなく、制作会社や製作者も記載されているのでこれを眺めるのも楽しいです。普段目にする作品での作例はとてもわかりやすいです。そして、158ページを見てニヤリとしてください(笑

  • 文句なしの良書

    5.0
    Chincaloma

    デザインに関わる仕事をしていますので、その目線でレビューをさせて頂きます。レイアウトや配色は、学んでいないとなかなか難しく、個人製作のwebページや資料などは、色もデザインも散らかりがちです。専門書というほど踏み込んだ内容ではないものの、どんな色がどんな印象を与えるかが丁寧に説明してあって、入門書としては十分すぎる内容に思えます。なにより、誰しもが目にしたことがあるであろう実際の商品パッケージやポスターなどの例が多数掲載されていて、「よく出来てたもんなー!」と思い返しながら楽しく読むことが出来ました。チラシやポスター、本の装丁のデザインなどなど、デザインの方向性を決める打ち合わせの場にこれがあると、「こんな感じで」と参照できると思います。 ※デザイナー目線だと、「この中でどれに近いですが?」と  お客様に聞いてしまえば、手間が大きく省けます。価格も出頃ですし、デザインの勉強をしたい方や、自作のチラシや資料の質を上げたい方にオススメです。

  • デザインと配色のヒントがたくさん詰まってます

    5.0
    AmazonCustomer

    デザイナーではありませんが、ワードやパワーポイントでの説明資料で色をつかった資料を作成することがあるとおもいますが、自己流で色づけしていて、なんか統一感がないなとか、作成した資料の意図するイメージではないなと思うことがよくありました。本書では、最初に理論的な色・配色についての説明と応用についてが説明されてあり、ここを読むだけでも配色、レイアウトの基本の知識が得られてかなりレベルアップします。テクニックがいろいろ分類してかかれていて、我流のときはそれらを複数使用していることで方向性がブレてたりしてたのかなと反省させられました。以降のページは実際に商業的に作成されたポスターや商品タグ、包装パッケージなどの実例が、シーン毎に分類されていて、イメージに悩んでるときにパラパラとみるだけで、気づきと閃きがあります。自分が作れなくても、良さはわかりますので、とても勉強になります。プロでしたら当然の知識かなとおもいますので我流のかたや、デザイン初心者などに向いています。価格もお手頃で良書だとおもいます。

すべての20つのレビューを表示

  • ひめここ

    読了。イメージから、色相・トーンから配色を探せます。また配色の基礎知識や悩んだときの悩んだときのヒントも載っている助かる配色本。 いろんなデザインのチラシやポスターの例も載っててみるだけでも楽しいです。勉強になります✨ 続きを読む

  • 大西徹弥

    絵だけパラパラ見た。そこそこイメージだけは残った?いざ、やるとなったらちんぷんかんぷん 続きを読む

すべてのレビューを読む