発売日 2019年01月15日(火)

たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語6

著者名:サトウとシオ(著者) 和狸ナオ(イラスト)

¥610(税別)

ISBN:
978-4-7973-9933-2
サイズ:
文庫
ページ数:
304
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・サトウとシオ

イラスト・和狸ナオ

第8回GA文庫大賞《優秀賞》を受賞し、本作にてデビュー。

Twitter

Unable to load Tweets

  • まりも

    ロイドハンサムな大人の男になって俳優になるの巻なシリーズ第6弾。いつもの如く勘違いが更なる勘違いを呼ぶ。毎度毎度やってる事は同じなのに一切飽きないから不思議だ。これだけ完成度の高いすれ違い錯綜系ドタバタ劇を毎回安定したクオリティで楽しめるのはこの作品くらいだよなぁ。ロイドが無自覚に暴走を始め、周りはそれを止めるどころかむしろその暴走を加速させ、そして一気に事件解決へ進ませる。 多分最終巻までこんな感じで物語は進行していくんだろうな。大人ロイドが出たんだからいつかショタロイドとかも出てきそう(笑) 続きを読む

  • 真白優樹

    隣国との合作映画への出演話が舞い込む中、アルカの魔術で大人になったロイドが大騒動を巻き起こす今巻。―――暴露と驚愕は唐突に、いつもの君は嵐を呼ぶ。 キノン姉妹の意外な来歴も明かされる中、ロイドが相変わらず八面六臂の暴走を繰り広げ、彼を愛する者達が全力でその騒動に乗っかり騒動を大きくする、台本を破壊し誰も知らぬ物語を導いていく、即興劇が如き面白さが光る巻である。騒動もこなれて安定感が出てくる中、ジオウの侵攻は果て無く続く。水面下で事態は侵攻する中、次の騒動はどんな顛末となるのか。 次巻も須らく期待である。 続きを読む

  • niz001

    隣国で映画撮影へ、いつものノリで。一応キノン姉妹の掘り下げ巻なのかな。ミコナ先輩がいいキャラにw。 続きを読む

すべてのレビューを読む