発売日 2018年11月15日(木)

bella peregrina.カワイイ天狼の育てかた。

著者名:山下泰昌(著者) 6U☆(イラスト)

¥640(税別)

ISBN:
978-4-7973-9989-9
サイズ:
文庫
ページ数:
384
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・山下泰昌

イラスト・6U☆

著者: 山下泰昌

第10回GA文庫大賞《奨励賞》を受賞。本作がデビュー作。
駄菓子をこよなく愛し、好きな駄菓子はあんこ玉。
趣味は旅行で、ちょくちょくタイに沈みにいくことも。

イラストレーター: 6U☆

金髪美少女を描かせたら右に出る者がいない超人気イラストレーター。
デザインにも造詣が深く、イラストのみならずその配色やセンスも多くのファンを惹きつけてやまない。

Twitter

Unable to load Tweets

  • 絶賛するほどではないにしろ、十分に面白かった。次回作___期待。

    4.0
    Millefeuille

    日本に突如発生した『扉』によって異世界『パラフェルヌス』と、極めて限定的ながらも行き来ができるようになった世界。軍事的とか生臭い話は置いておいて、大の異世界パルフェ好きである主人公は、向こうで人気の飛行レース「エンジェル・ライド」において、ワガママ美少女オルのパートナーとして彼女の背に乗りこっちの世界でのレース=バトルへ繰り出すこととなるのであった。美少女が直接飛龍のような飛行形態になりそれに騎乗して戦う(妨害アリのレースをする)という設定は割とめずらしいが、骨子自体はオーソドックスで奇をてらっていない。所謂ボーイミーツガールで、レースに勝ちたい少女(本当は馬と言いたいんだが)が偶然自分と相性ピッタリの異世界人の主人公を見つけて、バトルに引き込む話。主人公は期待されていないが、それでも勝つためにベストを尽くそうと持ち前のコーチ力を発揮して勝利へと邁進していく。度胸もある。冷静で的確な判断能力もある。その一方で異世界人の特殊な能力を知らず、裏をかかれたり。また、お約束ながら感情の機微には疎いというか鈍く、そこもまた致命的に計算を狂わせる要因になる。鈍いだけならラノベにはありがちな主人公ですが、それも織り込んでレース面での物語を盛り上げる要素にしているのはなかなかのもんです。つまり、面白かったってことよ!問題が無いわけでも無い。相棒のオルより敵のスキムの方が可愛くて好みなんだが___注意!

  • 4.0
    Amazon Customer

    面白かったです。確かに展開には鉄板的要素があるのかもしれません。でも、それでも確かに面白いものは面白いですね。設定も読書欲を惹きつけられました。一気に完読させていただきました。次巻が楽しみです!

すべての2レビューを表示

  • わたー

    【試し読み】翼のある生物に変身できる異世界人の背に乗って、レースに挑む物語。王道的な展開が続くが、成績が振るわないのに、頑なに自分のやりかたを押し通そうとするヒロインの造詣が合わなかった。また、ライバルキャラが至極真っ当なことを言っているのに対し、バカにされることが大嫌いと豪語する主人公もなんだかなあと。また、せっかくの変身能力なのに、変身後のイラストが1枚もなかったこともそれに輪をかけていた。典型的な、人物のバストアップしか描けないイラストレーターなのだろうか。 続きを読む

  • MERLI

    エンジェル・ライドという異世界のレースに地球人(作中ではアウラ人)である主人公が騎手に選ばれてしまい、相棒である狼型のエンジェルと共にレースに挑む物語ってところかな。二人の覚醒とか地の利を活かした戦略など熱い展開は感じたが、対戦相手が正論で諭しているのに「いけ好かない」という態度で返すのはどうかと。エンジェル化した挿絵が一つも無いのも辛かったです、どうやってもレース中の情景が頭に入ってきません。どんなビジュアルの生物がレースしてるの?次が出るなら買いたいですが、その時はエンジェル化した姿を見たいです。 続きを読む

  • 真白優樹

    異世界のレースイベントが開かれる事になった地球で、知性派な少年と異邦人の少女が出会い、共に戦う物語。―――共に終点のその先へ、そこでしか見えぬ景色を見る為に。悩み足掻き、ぶつかり合い、そして絆を重ねて勝利を掴む。交わる世界の中、真っ直ぐに相棒同士の絆を育み勝利を目指す物語であり、バディものとしての面白さが詰め込まれた、スポーツものとしても楽しめる物語である。大味ながらも魅力的な味であり、秘めた可能性を感じられる。是非にこの先、レベルを上げて続いていってほしい物語である。 期待を込め次巻も楽しみである。 続きを読む

すべてのレビューを読む