発売日 2019年07月12日(金)

たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語7

著者名:サトウとシオ(著者) 和狸ナオ(イラスト)

¥600(税別)

ISBN:
978-4-8156-0016-7
サイズ:
文庫
ページ数:
296
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・サトウとシオ

イラスト・和狸ナオ

Twitter

Unable to load Tweets

  • 主人公ロイドの影が薄い、サブキャラの掘り下げと裏で進行する物語で読ませる「つなぎ」の一冊。

    3.0
    ヤボ夫

    このシリーズ初の続き物巻です。そしてロイド達のギャグ話はいつも通りですが、アルカ村長(本人は出番はちょっとだけ)の研究所絡みの話が強くなりました。話の筋的には3-4巻ぐらいの続き物になりそうな序盤で突然この巻は終わりです。

  • 4.0
    lutepatious

    気軽に読み流せる作品です。お約束な展開の連続ですが、それだけに、人物のキャラクターを味わう余裕を持てます。

  • 疲れた時に

    4.0
    manjyuukowai

すべての3レビューを表示

  • 真白優樹

    修行の聖地へロイド達が修行に行く中、統治を巡る試練に巻き込まれ、魔王と出会う今巻。―――本当の想いに気づく時、憧れに並ぶ為の本当の修業が始まる。修行の聖地をド派手に破壊したり勘違いを積み重ねたりと相変わらずの大騒動、そんな中でスランプだったフィロが光を掴む中、世界の秘密が大きく明らかとなる今巻。初めての続き物であり、後編に向けての期待が高まる巻であり意外な世界の秘密が全ての種明かしへの期待をさせてくれる巻である。あの言葉も登場し意外な繋がりも見える中、試練の行方とは。 次巻も早く読みたいものである。 続きを読む

  • niz001

    フィロ巻?今巻の犠牲者アンズ様、アランとユーグはいつもなんでw。置き去りの二人が合流目指したところで次巻へ。 続きを読む

  • なぎ

    修業の聖地であるアスコルビン自治領に修業をしに行くことになったロイドたち。その裏で自分の計画の為にアスコルビン自治領を利用するユーグ、黒幕だけどロイドが関わるとお茶目キャラになっちゃいますね(笑)ロイド達の規格外の強さに振り回されるアンズが面白かったです。さすがラスダンだけあってレンゲとネキサムの癖が強い!今回のメインヒロインはフィロでしたね、迷いも吹っ切れて新たに自分の気持ちを自覚してこれからが楽しみなキャラです。サタンの登場でまた物語が動きそうな予感、続きが待ち遠しいです。 続きを読む

すべてのレビューを読む