発売日 2019年01月15日(火)

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア11

著者名:大森藤ノ(著者) はいむら きよたか(イラスト)

¥630(税別)

ISBN:
978-4-8156-0026-6
サイズ:
文庫
ページ数:
344
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・大森藤ノ

イラスト・はいむら きよたか

Twitter

Unable to load Tweets

  • まりも

    全てに決着をつけるため、ロキファミリアは他派閥と連合を組み人造迷宮に挑む外伝第11弾。扉絵を見た瞬間から分かっていた。分かっていたけど、これはあまりに辛すぎる。本編の方ではベル君が死にかけていたが、その裏でこんなにも凄惨な事件が起きていたのか。フラグが立っていたとは言え、まさかこのタイミングでしかも最期があんな事になるとか思っても見なかった。真に恐ろしいのは迷宮に潜む怪物ではなく、神の底知れぬ悪意ということか… ベルを好敵手として見定めたエルフの少女が絶望を乗り越えることを信じて今は続きを待ちたい。 続きを読む

  • まるぼろ

    さて今巻、他ファミリアや異端児達とも結託し人造迷宮の攻略に乗り出したロキ・ファミリアの面々だったが…と言うお話です…が、何とも衝撃的な展開と次巻への続き方でした。まさかあんな形でフィルヴィスを始めとしたデュオニュソス・ファミリア一同が…とは。読んでいながらその後のあのシーンでまさかフィンまでも…と思わず思ってしまいました。あの状況ではレフィーヤの心が折れるのも当然とは思えますが、次巻でレフィーヤは立ち直れるのか、またエニュオの正体は葡萄に起因する…なのか、などなど色々と気になる事が満載です。 続きを読む

  • よっち

    ベルと異端児たちの関係に自分のありようを見失いかけたアイズ。全てを自覚した上で少女はもう一度少年に会いに行き、ロキ・ファミリアが総力を結集し人造迷宮攻略作戦に挑む外伝第十一弾。攻略のために大きな決断をしたフィン、もう一度立ち上がるため無謀な存在に挑むアイズ、そして人造迷宮攻略に臨む神々や冒険者たちそれぞれの思い。アイズは再び立ち上がれましたけど、ベルたちの苦闘の裏で繰り広げられていたもう一つの激闘があって、いくつもの思惑が絡みあった先に情け容赦のない悲劇があって、これはこれでなかなか厳しい結末でしたね…。 続きを読む

すべてのレビューを読む