発売日 2019年09月20日(金)

ショートカットキー時短ワザ大全
早く帰るコツは"手元"にあった!

著者名:辻村司(著者)

¥1,080(税別)

ISBN:
978-4-8156-0320-5
サイズ:
A5判
ページ数:
208
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・辻村司

サポート情報

この商品に関するお問合せはこちら
※ご意見、ご感想も、このフォームよりお寄せください

Twitter

  • 切り取りシート&壁紙がめちゃくちゃいい!

    5.0
    rin

    実用的なショートカットキーがこれほどまで多いとは知りませんでした。マウスとキーボードを切り替えて作業する回数が今までかなり多かったのですが、壁紙(自分はPDFを使用)と切り取りシートのおかげで、忘れてしまったショートカットキーを直ぐに確認し、打つ事が出来るので往復する回数が減り、凄く助かっています。よく使うショートカットキーや忘れがちなショートカットキーはシートにマークをつけ、より効率良く確認と定着ができるようにしています。(忘れた時や自信のない時は壁紙やシートで確認できるので使えば使うほど便利さを実感できます!)これを繰り返せばどんどん効率的になる=時短に繋がると思います!自分にとって久々に買ってよかったと思える本でした。

  • 5.0
    ​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​...

    まず書面は、フルカラー&図解満載で、Windows機をビジネスで活用している場合に有用な『ショートカット』を集めてある参考書です。具体的には、キーボードの何処に目的のキーがあるのか、直ぐに掴めない様な初心者に併せて、全ての頁にミニキーボード図を用意し、どのキーを同時押しすれば良いのか、瞬時に解り易く配慮してあります。基本的には【マイクロソフト】系のビジネスソフトを主体に解説されていますが、それ以外にもOSやブラウザーの操作に関与するテクニックも含まれ、プライベートでPCを扱う際にも有用です。それでも、流石にMacには対応し難く、出来るだけ汎用的なキーボードを利用している事が望ましいです。また『ショートカット』と言っても「コピペ」を筆頭とした【Ctrl】や【Alt】キー同時押しによる、作業簡略化に限らず、選択範囲を指定する&機能を反転させる等の【Shit】キー操作も多く含まれ、どちらかと言えば極力マウスに頼らず作業出来る様になる事も目指していると感じます。総じて、同種書籍では定番の『ショートカット一覧表』等も用意され、初心者を中心に価格相応に役立つ一冊となっていましたので、☆×5とします。

  • ショートカットキーを覚えることで作業効率グッと上がります

    5.0
    amazonカスタマー

    ショートカットキーをしっかり使えれば時短にもなるな…とぼんやり考えていただけできっかけなく、積極的に取り入れることがなくCTRL+Zだけを使ってウン10年経ってしまいました。こちら漠然と目を通すだけでも、新鮮な機能多く、覚えるというよりも”使ってみたい”と思うことが多く、興味を持って読破できます。本自体は、まとめ方もうまいので頭に入ってきやすいのが良いです。キーボードからマウスに手を伸ばすことなく、VERが変わる度にどこにアイコンがあるかなどを探す手間もなく、基本的な機能はしっかりキーボードだけで作業ができる。印刷して手元に置くよりも、モニターを2枚以上使用しているならばpdfを壁紙にして使用すると楽です。使用頻度の高い機能は何度か使うたびに体が覚えるので確実に作業が速くなる。各ソフトがアップデートされる度に販売される、”excel時短”などの指南本よりも使える機能が多いので効率的に作業が捗ります。自分のための自主的な”働き方改革”、おススメです。

すべての17レビューを表示