発売日 2020年04月14日(火)

お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件2

著者名:佐伯さん(著者) はねこと(イラスト)

¥630(税別)

ISBN:
978-4-8156-0327-4
サイズ:
文庫
ページ数:
280
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

書籍関連ニュース

著者紹介

著者・佐伯さん

佐伯さん
『旦那様は魔術馬鹿(ワーカーホリック)』で第4回一迅社文庫アイリス恋愛ファンタジー大賞にて《大賞》を受賞。
他の作品に、『転生したので次こそは幸せな人生を掴んでみせましょう』、『最強魔法使いの弟子(予定)は諦めが悪いです』(PASH!ブックス)、『腹ぺこな上司の胃をつかむ方法~左遷先は宮廷魔道師の専属シェフ~』(カドカワBOOKS)がある。

イラスト・はねこと

サポート情報

サポート情報はありません。ご不明な点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

Twitter

  • (学園)恋愛モノの金字塔

    5.0
    Millefeuille

    「尊い。」としか言いようが無いような、誠実さとピュアの散りばめられた砂糖菓子のような話。主人公は食生活中心に物理的に、ヒロインは傍にいてくれる存在と暖かさといった精神的に、互いに欠けている部分を補って絆を深めるベストカップルを為している。いや、主人公は誠実で一途なのは美点だが、料理と掃除をもう少し取り組めよ。主人公にくっついてくるヒロインの愛らしさ可愛らしさに読者の心もほっこりだ。交代された絵師さんも劣らずイラスト上手で、ブレスレットの時の挿絵など主人公でなくとも「きっつい」わ。眼福。最後の桜の場面も印象深い。文句なしに面白かった。いい話だった。ただふと、この作品はイラストレーターを変えてでも存続させるんだな、ナルホド、とチラリと思った。

  • 周と真昼が甘すぎて、読むのに苦労する

    5.0
    Amazon カスタマー

    一巻のイラスト担当の和武はざのさんの絵が良かったので、購入して読んだ作品でしたが、二巻でイラスト担当が変更になってしまったのはとても残念です。ですが、内容も良かったので、二巻も購入しましたが、イラストもイメージ崩壊する事の無い挿絵だったので抵抗無く読めました。読み進めていく度に、お砂糖が口から生産されそうになるので、読み終わるまで時間がかかりましたが、不要不急の外出以外出来ない世の中なので、ある意味大変助かりました。ただ、もはや周と真昼の関係は彼氏彼女の関係を通り越した夫婦じゃない?と思ってしまいました。気になった点としては、表紙のイラストです。セキュリティー付きの一人暮らし向けのそこそこ裕福な方向けのマンションで、表紙イラストの真昼の後方にある柵タイプは、「?」となってしまいました。柵タイプは、基本的に格安系アパートなどで見られるイメージなので、作品内の風景とは誤差があるように思いました。田舎者の偏見なので、東京の都心は知りませんが、違和感は拭えないです。

  • 2人の甘さは加速し真昼の闇も明らかに

    5.0
    ちり芥のレビュアー

    周と真昼は所謂『両片思い』の状態なのですが1巻に比べて2人の距離はグッと縮まり、「なんでお前ら付き合ってないんだよ!」と言いたくなる程の糖分過多になりそうなイチャつき具合は面白かったです。その一方で真昼が抱えている家庭の問題も発覚し、その問題をどのようにして解決させるのか、これからの2人の関係がどのように変化していくのか非常に先が気になる終わり方だったため、「どうしても次の展開が気になる!」という方は原作の『小説家になろう』のサイトで先を読んでみるというのもいいかもしれません。ちなみに1巻とは違いイラスト担当がはねこと先生に変更されていますが、作品の雰囲気にマッチしたイラストでとても満足です。

すべての91つのレビューを表示

  • よっち

    ふとしたきっかけから交流が始まり、食事をともにするようになっていった二人の年末年始以降を描く第二弾。年末年始もお互い帰らず一緒に過ごし、周の両親と一緒に初詣、そしてバレンタインとそのお返し。真昼は家族に恵まれてない感じですけど、その分優しい周の両親ともともに過ごしたり、実は頑張ればカッコ良かった周とか真昼の和装姿もまた印象的だったりで、二人で一緒に過ごすことがことがごく当たり前になって、お互いかけがえのない存在に変わりつつあるのを感じますね。あともう一歩踏み込めればというところですけどその辺は続巻に期待。 続きを読む

  • 柏バカ一代

    天使様が天使様でいようとした理由が、、、、周くん幸せにしてやってくれ〜〜!!砂糖を吐きながら見守りたくなるww 続きを読む

  • まっさん

    ★★★★☆ 待ちに待った天使様の第二巻。しばらくweb版を読んでいないのではっきりと覚えてないけど、恐らくそこまで加筆はされていないんじゃないかな。今巻では遂に周が自身の恋心を認め、真昼の方にもどうやら心の動きが見られるようで…今巻も甘々なやり取りが多数描かれていたものの、正直一巻と比べると少しインパクトに欠けるかなと。この辺り次巻でどこまで進むか分からないけど、体育祭のあの話まで進んでくれると嬉しいなと思う。 続きを読む

すべてのレビューを読む

関連著者・監修者 商品

同じジャンルの商品