発売日 2019年09月13日(金)

処刑少女の生きる道(バージンロード)2 ―ホワイト・アウト―

著者名:佐藤真登(著者) ニリツ(イラスト)

¥610(税別)

ISBN:
978-4-8156-0393-9
サイズ:
文庫
ページ数:
320
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・佐藤真登

イラスト・ニリツ

佐藤真登(さとうまと)
「処刑少女の生きる道(バージンロード)」で第11回GA文庫大賞《大賞》を受賞。

Twitter

  • なんだかなぁー

    2.0
    Lightning

    今度の物語は新しい霧の世界を旅します。霧の街ロンドンをイメージしたのでしょうか?でもというか、やはりというか……物語は前巻と変わらぬダークな世界を舞台に繰り広げられ、読んでいて、ぞっとするような描写が多々あります。しかし巧みに描かれる文脈は臨場感に溢れ圧巻です。さて、内容としては、とあることが理由で未来が分岐変化、四大人災の一つである霧魔殿が解き放たれます。それに加えて最後の辺りで時間操作のアドバンテージが消え失せるような、敵さんの強力無比な能力が明らかに。えっ⁉︎それってそんなに万能だったのと驚きです。総論の評価としては、「まあまあ」といったところで、構成は巧いものの内容が稚拙です。寡聞ですが、小説は作者の境涯と人格の投影と聞き及んだことがあります。これがもう少し、まともな価値観を根幹に据えた世界を舞台にした小説であるならば、よい物語になったのではないか、そこが残念でなりません。それと気になったことが一つ。短期間での連続刊行の影響でしょうか、物語にやや粗っぽさが目立つ気がします。文章の言い回しが前巻より雑く感じます。些細なことですが、そこも減点ポイントです。はっきり言うならば前巻よりつまらなくなっています。

  • 5.0
    Kindleユーザー

    メノウとアカリとの関係が書かれていた1巻からさらに話が、時間も、人の数も広がり話が広がっていきました。前回は強みを持っていると思ったアカリですが、実は思わぬ弱点があることがわかります。また、新キャラのマノンや、〇〇も魅力的です。気になる終わり方だったので、冬の3巻が楽しみです。

  • 女性同士の煮詰まった関係性

    5.0
    鬼鏡

    事件が順調に解決しているようにも見える第2巻。その裏でメノウ達はそれぞれが自分達の関係に思い詰め始め、2巻の終盤で彼女達の間に流れる緊張感は暴発寸前にまで高まっています。特に第1巻である事実とメノウへ抱く重い感情が明らかになったアカリ。この第2巻ではアカリに関する新しい事実が判明すると同時に、彼女がメノウへ抱く感情も更に重たいモノへと…女性同士の仲の良さと、それがもたらすヒリ付いた雰囲気。設定の巧みさだけでなく、どう転ぶのか分からない人間関係もこの作品の魅力だと思います。

すべての4レビューを表示

  • よっち

    古都ガルムをあとにし、港町リベールへと辿りついたメノウとアカリ。かつて南方諸島連合を食らいつくした、四大人災「霧魔殿」があるこの町で、リベール伯の娘・マノンとの出会う第二弾。リベールで暗躍する第四と彼らが扱う魔薬、そして「霧魔殿」によって明かされる四大人災の背景。対峙した霧魔殿はとんでもない強さでしたけど、アーシュナとメノウの共闘、そしてアカリの戦いは見どころで、アカリを想い心境が変化しつつあるメノウの決意とそれを危惧するモモがいて、新たな動きもありここからまた大きく動きそうな今後の展開が楽しみですね。 続きを読む

  • 真白優樹

    四代人災の一つ「霧魔殿」がある港町で第四の思惑を追う中、いなかった筈の娘、マノンが運命を狂わす今巻。―――深き霧の中より出でしは、過去より来たりし人型の厄災。二巻にして運命が軋み始め世界が誰も知らぬ方向へ動き出す今巻。殺す為の旅路、その筈なのに。旅路の中で変わる心が不穏な波紋を醸し出す巻であり、メノウやアカリ達がそれでも戦いに挑む、圧倒的な災害を前にした各人の奮闘が熱く心を震わせる巻である。旅の終わり、目標への鍵は開示されど後ろより迫るは最強の処刑者。果たして旅の行方は。 次巻も早く読みたいものである。 続きを読む

  • タイコンデロガ級 なみき

    霧魔殿、改め「万魔殿」の導力は日本の民謡などを捩ったりする名称になっていて面白いですね。 アカリと対峙した際も、4大人災の一角、「魔」としての年季の違いを感じさせます。 万魔殿は「塩の剣」ならアカリを、「時」を滅ぼせるとメノウに告げますが、果たして…。 今後に拾うであろう伏線としては、アーシュナ殿下のお姉さんの事が気になります。 続きを読む

すべてのレビューを読む