発売日 2019年12月12日(木)

八歳から始まる神々の使徒の転生生活

著者名:えぞぎんぎつね(著者) 藻(イラスト)

¥1,200(税別)

ISBN:
978-4-8156-0418-9
サイズ:
B6判
ページ数:
304
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・えぞぎんぎつね

「小説家になろう」で活動中のケモナー作家。 代表作は「最強の魔導士。ひざに矢をうけてしまったので田舎の衛兵になる」 「ここは俺に任せて先に行けと言ってから、10年がたったら伝説になっていた。」(ともにGAノベル)など。

イラスト・藻

ライトノベルやソーシャルゲームで活躍中の大人気イラストレーター。 代表作は「転生貴族の異世界冒険録」「転生幼女はあきらめない」」(ともに一二三書房) 「ソード・ワールド2.5 リプレイ」(KADOKAWA)「転移先は薬師が少ない世界でした」(アルファポリス)など。

サポート情報

サポート情報はありません。ご不明な点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

Twitter

Unable to load Tweets

  • 妹や犬が可愛い

    4.0
    CKD主婦

    転生後で、出会った弟子達があっさり信じちゃうのがガッカリでした。もう少し一捻りほしいところですよね。あと、ちょっと魔法が下品でした。もっと他の結果でも良いのでは?嘔吐では駄目でしたか?作者お得意の動物シリーズ?次は、なんだろうかと、楽しみです。なんか、使徒の動物だけで十分強いのでは?とも思う。

  • 楽しめました。

    5.0
    Amazon カスタマー

    えぞぎんぎつねさんの他の2作品も楽しんで読んでいるので、のりが似ているこの作品も面白かったです。次巻も楽しみです。

  • 作家として出してはダメな作品

    1.0
    ももすけ

    なろう系の作品と言えば、様々な要素のチートを入れて爽快感を作って楽しまれるジャンルだと思います。この作品に関してもそういう点に関しては求められるとおりに書いていると思います。描写や展開に関してもっと深く書いて欲しいところはありますが、そういうジャンルですし。ただし、根幹設定の要素に見覚えがあるし、イラストレーターさんがその作品ともろ被り。多くの作品の良いところ取りをして自分テイストを加えると聞く創作業界なので発想元があるのはおかしくないですが、それと被せるように売りに出すのはどうなのでしょう。もし知らずにやったとすれば作者も出版社も勉強不足だし、敢えてやったのなら作り手としてはダメだと思う。小説や漫画業界は好きなので、こういう類似作品をぶつけて潰し合いとか得をしません。こういう慣習はできて欲しくないし、評価はされてはいけない作品だと思う。

すべての6つのレビューを表示

  • 菊地

    ベタな内容過ぎてあまり評価できるようなところはなかったけど、妹とペットは可愛かった。 続きを読む

  • ぽこん

    一言で言うなら動物園。同じイラストレーターが手掛ける他作家の作品「転生貴族の異世界冒険録」と設定やら内容がほぼ同じ、作詞家や作曲家なら盗作と訴えられるレベル。 両作品とも「なろう」で読めるので購入する前に試し読みをすることを勧める。 続きを読む

すべてのレビューを読む