発売日 2019年11月14日(木)

友達の妹が俺にだけウザい3

著者名:三河ごーすと(著者) トマリ(イラスト)

¥630(税別)

ISBN:
978-4-8156-0427-1
サイズ:
文庫
ページ数:
344
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・三河ごーすと

三河ごーすと(みかわごーすと) 『ウィザード&ウォーリアー・ウィズ・マネー』で第18回電撃小説大賞《銀賞》を受賞し、同作で電撃文庫よりデビュー。 代表作として『自称Fランクのお兄さまがゲームで評価される学園の頂点に君臨するそうですよ?』(MF文庫J)、『理想の娘なら世界最強でも可愛がってくれますか?』(MF文庫J)など

イラスト・トマリ

Twitter

Unable to load Tweets

  • お手本のようなラブコメ(決着はつかず、次巻へ続く)

    3.0
    ニア

    仲間の一人が結婚させられそうになり、偽装恋人を演じるという、よくあるパターンの話です。お手本のようなラブコメで、クスリと笑わせてくれます。ただし、お手本のようなで、独特といえるほど特化したものはありません。この偽装結婚の話は今回で終わらず、次に続きます。そしてこの偽装結婚と同時進行で、真白の五階同盟への関わりへの変化が描かれ、大きな転換といえる話も描かれています。これも次回へ続く形になっています。気になる展開で途中で終わっており、これは次もかわないと落ち着かないという気にさせてくれます。そして次回は特装版ということで、商売の仕方はうまいなと思わせます(笑)。

  • 5.0
    さそりだん

    僕はこの作品の中で真白が一番好きで、表紙もカラーも口絵も全部真白にした上でヒロインを変更してほしいと思っているくらい好きです。タイトルからして変わっちゃうけどね。そんな私ですが、読んでいるうちに思ってのが、「今回、真白のイラストなくね?」ということ。冒頭には一枚だけありましたが、口絵は一枚もない。彩羽と尾行している場面だって一枚くらいあってもいいのにな…と思い、編集者のイラスト入れるならそこで真白のイラストを入れればいいだろ、という場面でもイラストが入らず、読み終わったら破り捨ててやろうか…とまで思ったラスト、やれれましたね。最高でした。「冴えない彼女の育てかた 恋するメトロノーム」で、倫也が「恋するメトロノーム」のよさがわからないという真由に対して、イラストだけをパラパラと追ってもよさはわからない、作者が意図したタイミングがあるのだから、という趣旨のことを熱く語り、彼女を説得するというシーンがあります。この真白のイラストもまさにその通りで、真白が5階同盟とどう付き合っていくかに悩み、ついに自分の正体を告白する…という流れで、巻中初めて出てきたイラストが絶大なインパクトでした。やられましたね。正直本命レベルに上がってきました。次回作も楽しみです。

  • レビュー対象商品: 友達の妹が俺にだけウザい3 (GA文庫) (文庫)

    Amazon カスタマー

    紫式部先生回ってことで楽しみにしてたけど前半からフルスロットルwやっぱ好きだわこの先生wwwあいかわらず彩羽のウザカワっぷりもカワイイしストーリーも先が気になりすぎてヤバイ5階同盟の崩壊を匂わせるようなセリフもちらほらあってこの先の展開を期待せずにいられないwとりま音井さんのタピオカチャレンジは最高でしたw

すべての3レビューを表示

  • よっち

    夏休みに突入し、部屋に入り浸る気満々の彩羽と彼女ヅラで押しまくる真白の猛攻がますます加速する中、とある事情から明照が紫式部先生との結婚を決めたことでさらにカオスな状況になってゆく第三弾。二人のバカップル狂言がものの見事に空回りして苦笑いでしたけど、それに心穏やかでいられないヤンデレ気味の真白と、真白との関係にもいろいろモノ申したい感じな彩羽の反応が微笑ましかったですね。一方で見えてきた5階同盟の在り方に対する課題や、今回でいろいろ出来てた伏線が今後の展開でどのように活きてくるか気になるところではあります。 続きを読む

  • むっきゅー

    クールな担任教師(〆切が守れないダメ人間な絵師)紫式部先生当番回。故郷の掟を回避するため明照と「ニセ婚約者」となった紫式部先生。ちょうど夏休みに入ったところで、きゃっきゃうふふの水着回かと思いきや、何故か紫式部先生の故郷(限界集落な山村)へ、という話。「ニセ恋人」だの「ニセ婚約者」だのの登場で、メインヒロインにして友達の妹の彩羽の、ウザ絡みニヒヒ顔と恋する乙女顔のギャップが萌えー。本作品は、どのヒロインも違った方向にギャップ萌えがあるところがいいですね。 続きを読む

  • まっさん

    ★★★★☆ 今巻も安定した面白さを提供してくれる今作。今巻では菫先生をメインとした話が展開されていくものの、真白や彩羽といったヒロインズの出番もバランスよく用意されていて満足できる。ただ、ラブコメ要素が多いか?と言われるとそこまででもなく、個人的にもう少し各ヒロインとのイチャイチャした絡みを見たかった。それにしても三河先生は相変わらず物語の引き方が上手いな〜笑続きが滅茶苦茶気になる終わり方なので次巻も早く読みたい。 続きを読む

すべてのレビューを読む