発売日 2020年02月14日(金)

りゅうおうのおしごと!12

著者名:白鳥士郎(著者) しらび(イラスト)

¥650(税別)

ISBN:
978-4-8156-0533-9
サイズ:
文庫
ページ数:
400
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・白鳥士郎

イラスト・しらび

Twitter

Load More...
  • 「のうりん」の続きは、おそらく出ない。

    4.0
    どるが

    奨励会編のクライマックスではあるけれど、いまいち熱量不足。病人に無茶をさせればいいというもんじゃない。竜王の帝位戦も、何か「竜王は人間じゃないくらいスゲー」で片付いてしまう感じで、そろそろネタ切れ感が見えています。面白いことは間違いなく面白いのですが。というわけで、そろそろ「のうりん」の続きが読みたいと思ってたところですが、「あとがきに代えて」で本作以前の作品を「流行の二番煎じ以下のもの」と自分で斬って捨てちゃってます。のうりん、ものすごく面白いんだけどなぁ・・・間違いなく傑作だと思うんですけれどね。6巻以降の本作よりも、のうりんの方が勢いがあったと思うのですが。作者がそんな認識なら、もう続きは出ないっぽいなぁ。

  • 5.0
    Rei

    ネタバレを全力でするので、嫌いな人は読み飛ばしてください。長かった奨励会編、一番のお気に入りは大人気のおっさんが活躍する七巻の話で、「やっと目が醒めたんや」が最高ですが、その巻の鏡洲も大好きでした。もう十回は読み返しましたね。今巻、物語を盛り上げるためには仕方ないとは言え、あそこまで鏡洲を応援させてこれとは……。それでも創太にネクタイを受け継ぐシーンで泣きしましたが笑。僕個人としては二人が結ばれるよりも、鏡洲の話が大きく印象に残ります。奨励会編は非常に長く、りゅうおうがおしごとすることがほとんどない章で、もっと帝位戦にスポットを当てた話をしてくれよと思っていましたが、大満足です!あとがきを読むとこれフィクションだけどフィクションじゃないなってなりましたね。より感動。と、ここまでは感想戦を読むまでの感想です。六巻を読んだ時あー、どっかタイミングで○○王って出して盛り上げてくるんだなって予想してましたが、ある意味裏切られました。後半の於鬼頭インタビューは読んでいて凍りつくほど夢中になりました。読んだ直後にレビューってなるともう感想戦しか出てこないレベルです。やっぱり八一が魔王みたく恐れられるシーンは最高。二ツ塚(どこかで読んだことあるキャラが本当に沢山出てくる巻でしたね)が最高の喜劇って言った話で、五巻の八一が自分は負け続けて才能がない、だとか言ったシーンが広まったら大ブーイング間違いなしだな、と思い笑いました。まず七巻を読んで奨励会編を再度楽しみ、十一巻を読み返して封じ手を堪能してこの巻に入ることをオススメします。もちろん生石との挑決者決定前の対局や、三段リーグ初戦や、八一の新構想が出る話を振り返ってからってのも大アリですね。総括して、この巻は長いようで短かった奨励会編の幕閉めと、ちょこちょこ出てきた八一のヤバさを全面に出した名作です。奨励会編の中でも女流名跡戦の話が培われており、この巻でもそれに繋がりそうな場面があるので、この先も読み返す必要があります。熱い!

  • 才ある者を才あるままに

    4.0
    白鳥仙

    ・「熱い」将棋小説の12巻目。6巻から続いていた奨励会編の一区切り。四段昇格者決定。主人公の新タイトル挑戦も含む。・いわゆるライトノベル的な、かわいい・あざとい・どたばた要素はあるものの控えめ。10巻以降は、作品の看板が幼女から人間にシフトしている印象。わかりやすい看板で知名度を上げる段階は越えたからか。今巻は表紙にも幼女はいません。・個人的には、前巻や今巻の姿勢の方が好ましい。幼女パートは物語の推進力が薄いので。愛らしくても話が進まないのなら、削ってくれて構わない。・奨励会編で登場した様々なキャラクター達に、一応の落としどころが用意されている。年齢も才能も生き様もばらばらな面々に命を与え、人間関係の大風呂敷を畳み切る手腕はお見事。ただ扱う人数が人数なため、今巻は描き方が群像劇寄り。視点人物がころころ変わる。そこは読み手によって好みが分かれるかもしれない。・出戻りの奨励会員・辛香さんの描写が秀逸だった。主要人物達に比べれば僅かなページ数の割き方ながら、読者に与える印象をがらりと変えてくれた。・一番面白かったのは感想戦パート。今作が友情・努力・勝利で仕上がるのは、その下に主人公の圧倒的な才があるからなのかどうか。人もソフトも超越した存在が、今後何をやらかしてくれるのか。・竜王防衛戦以降長らく引っ張られてきた、関東棋士達からの主人公への呼び方も判明。新シリーズにも期待。・今作の著者は、桂香さんや鏡州さんのような持たざる者を描くときに強く感情移入するようだが……私はできたら、才ある側にも深く切り込んでみて欲しい。それも3巻の桂香さんのような凡人視点ではなく、確かな天才の視点で。持たざる者の嫉妬や羨望や情熱や諦めない姿は、それはそれは共感を呼ぶのだろうが――共感を呼ぶだろうことが、既に見えてしまっている。評価の高い定石を繰り返すだけでは、将棋も物語もつまらないだろう。理解されざる者を、容易くは理解されざるままに、しかし理解可能な物語で描き切ってみて欲しい。その点では、今巻終盤の創多のパートはまだまだ不足を感じた。この作者ならもっとやれるはずだ。

すべての62レビューを表示

  • 海猫

    奨励会編クライマックスということで、12巻は文庫本そのものが厚めであるが、内容が濃厚で1ページとして退屈する瞬間がない。メインは空銀子の孤独な戦いを描く話。さらにサブストーリー的に他の奨励会員たちの熾烈な対局が散りばめられ熱気に圧倒される。それぞれに背負うものがあるだけにドラマチック。しかもこの作品特有の容赦の無さが、内容を特に面白くしていて、ひたすら読ませる。展開にきっちり決着の付く納得の仕上がりで、たいへん面白かった。ここから先どうなっていくのか?も示唆する終わり方なので次巻が待ち遠しい。大いに期待。 続きを読む

  • むっきゅー

    メッチャ面白かった。三段リーグ最終局面がもつれにもつれ、姉弟子、椚、鏡洲先輩など混戦状態になる。それぞれの視点で物語が描かれ、みんな勝ち上がって欲しいという気持ちにさせられる。だからこそ、誰かが必ず負ける事実が読者に叩きつけられる。これはキツイ。それでもやはり姉弟子の覚悟が凄い。これは涙なくしては読めないでしょう。平行して、八一のタイトル戦も進む。人間vsソフトという究極の戦いで見せた八一の圧倒的才能。でも、八一そして姉弟子の終盤を支えたのが、あいちゃんの読みの能力だったのが鳥肌たったわ。 続きを読む

  • よっち

    四段(プロ)になれる者は2人だけという苛酷な戦場・奨励会三段リーグ。銀子・創多・鏡洲たちの熱き死闘が決着する第十二弾。いや二人のラブラブっぷりと対照的に不穏な弟子たちの決意からスタートした今回。新たなタイトルを目指す八一、予断を許さない奨励会三段リーグ終盤戦がそれぞれ描かれる中、それぞれのもがき苦しむ姿がとても印象的で、銀子が大丈夫か心配になる展開でしたけど、何というか愛の力は偉大でしたね(苦笑)八一もなんか凄いことになってるし、二人には幸せになって欲しいけど、これからどんな展開が待ってるんでしょうかね。 続きを読む

すべてのレビューを読む