発売日 2020年04月14日(火)

極めた錬金術に、不可能はない。 ~万能スキルで異世界無双~

著者名:進行諸島(著者) fame(イラスト)

¥1,200(税別)

ISBN:
978-4-8156-0550-6
サイズ:
B6判
ページ数:
256
付録・付属:
-

購入する

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※書店によって在庫の無い場合、お取扱いの無い場合があります。予めご了承ください。
※各ネット書店での詳しいご購入方法は、各サイトにてご確認ください。

紙版を購入

電子版を購入

著者紹介

著者・進行諸島

イラスト・fame

サポート情報

サポート情報はありません。ご不明な点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

Twitter

Unable to load Tweets

  • そろそろ"半人前だけどね"というやり取りをやめてほしい

    2.0
    ゆう

    主人公が若返りの薬を飲んでから500年経過し、技術が衰退した世界で活躍するというお話。元の世界で師匠を越えられず、半人前を自認するのはいいんだけど…『錬金術って凄いんですね』『まだまだ半人前だけどね』上記のやり取りが1巻通して頻繁に行われる。そろそろ止めてくれないかな…。以下、気になったこと。■挿絵がついたことで違和感が生じている主人公が若返りのためにシェルターの中で眠りについたが、挿絵を見ると素っ裸の状態。500年後シェルター以外のものが消滅していたため、服がないと思い込んでしまった。周辺の探索のために素っ裸で出歩く光景を思い浮かべていたが、人と遭遇し驚かれなかったことで服を着ていたことが分かった。さて、いつ服を着たのやら。■”錬金術”or”錬金魔法”、どっち?基本的には”錬金術”で統一されているが、本編で錬金術を初披露した際に下記の記載がある。↓そして、単純な錬金魔法を構築しー軸受けの部分に、魔力を流し込む。“魔術”と“魔法”を一緒くたにされているような気持ち悪さがある。(伝われ)同種のものであれば紛らわしいだけなので区別して欲しいと思う。

  • 何処かで見たような内容

    1.0
    Amazon カスタマー

    自分が落ちこぼれだと思い込んでいるスゴイ錬金術師が若返りの薬を飲んで、500年後の世界に。未来の世界では衰退しているので、原住民相手に俺SUGEEできました。だいたい読んでいると、失格紋と類似している箇所が多々ある。他の作品と並行しているから混ざってんじゃないかと邪推してしまいそうであった。

  • あきれる

    1.0
    ホイヘンス

    この作者もう書くな

すべての7つのレビューを表示