SBクリエイティブ

世界のビジネスエリートは知っている教養としてのコーヒー

井崎英典:著者

コーヒーは、現代の必須教養だ。

なぜなら、例えば……
「コーヒー文化」は世界共通の話題であり、
「コーヒーの歴史」は現代にいたる国際関係につながっていて、
「コーヒービジネス」には日本人が苦手な事業戦略が見えるし、
「コーヒーの嗜み」には海外が絶賛する禅の精神が潜んでいるからだ。

アジア人初の世界チャンピオンであるバリスタでありながら、
コーヒーコンサルタントとして
日本マクドナルドはじめ国内外の企業のビジネスに関わる著者が語る
コーヒーの過去から未来まで、おさえておきたい教養がここに。

巻末では、コーヒー初心者のための淹れ方・選び方も解説。
世界一のバリスタが教える嗜み方とは?

アジア人初のバリスタ世界チャンピオンに輝いた著者は
自ら会社を立ち上げ、企業やバリスタたちの活動を支援するコンサル業務にあたっている。
年間200日を海外で過ごし、多くのビジネスパーソンと接するなかで気づいたのが
「教養としてのコーヒー」の有用性だという。

「なぜビジネスエリートにコーヒーは欠かせないのか」から始まり
現代人として知っておきたいコーヒーの教養をさまざまな視点から解説する。
地理、歴史、文化、経済、ビジネス、技術、未来……。
本書を通じて通じて見えてくる世界がある。

バリスタとして教えるおいしいコーヒーの選び方、淹れ方、嗜み方も必読だ。

序章 できる人はなぜコーヒーなのか
・コーヒーの世界で僕が出会った人たち
・QOLを高めてくれるコーヒーの価値
・あの偉人もコーヒーが好きだった!?
・コーヒーを知ると世界がわかる

第1章 コーヒーをたどると世界史が見えてくる
・コーヒーの原産地エチオピア
・コーヒー文化発祥の地イエメン
・なぜイスラム教徒から始まったのか?
・カフェ文化がオスマン帝国を通じてヨーロッパへ
・カフェが生んだ民主主義、資本主義、保険制度
・ソスペーゾ――イタリアに残るインフラとしてのコーヒー
・爆発的に広めた植民地主義――コーヒーの負の歴史
・日本人とコーヒーの出会い
・コーヒーとともに始まった日本の近代化
・銀ブラは「銀座ブラブラ」ではない!?

第2章 コーヒーの楽しみを増やした飲み方の歴史
・伝説に見る、豆のまま楽しむコーヒー
・何世紀も続いた原始的な飲み方
・カフェが花開いた背景にある焙煎の開発
・コーヒーの主流はエスプレッソ
・フレンチプレス、エスプレッソマシンの発明
・日本人が生んだドリップ、アイスコーヒー
・ドリップが愛される理由――コーヒーと禅、茶道

第3章 コーヒーが届くまでの裏側
・コーヒーの生態環境
・コーヒー種の脆弱性――実はやっかいなコーヒー栽培
・コーヒーベルトと各産地の違い
・コーヒーの収穫から生産処理まで
・生産処理にはトレンドがある
・コーヒーの味は誰が評価するのか?――輸出業者とバイヤーの価値
・コーヒーはどうやって運ばれるのか

第4章 知る人ぞ知るコーヒーの現在
・スペシャルティコーヒーとは何か
・SNSによって進む個人生産者の躍進
・安価になった焙煎機が生んだ創造と破壊
・家でプロの焙煎が楽しめる時代に――最新焙煎機の世界
・栽培種、飲用種を広げていく試み
・コンビニコーヒーの裏側で何が起きていたのか――マクドナルドでの経験
・日本人より欧米人の方がカフェインが苦手!?――デカフェの登場

第5章 コーヒーが教えてくれるビジネスの心得
・モノではなく体験を売る――スターバックスに学ぶホスピタリティ
・上流をおさえた者が勝つ
・「足で稼ぐ」は自動化の現代でも有効である――いいコーヒーはどう見つけるか?
・What?よりもWhy?で考える――生き残るバリスタに学ぶ
・最後の決断に論理はいらない!?――父親たちのコーヒー奮闘記

終章 コーヒーの未来
・コーヒー業界が抱えるSDGsの問題とは?
・コーヒー業界の根強い非多様性
・二極化していくコーヒー市場
・日本人の感性が生きる勝ち筋とは?

付章 バリスタが教えるコーヒーの嗜み
・最初に必要な道具はこれだけ
・ドリッパーは滞留時間で味を変える
・ペーパーフィルターは白いものを
・スケールが計量スプーンより優れる理由
・ドリップケトルとサーバー
・グラインダーで味はぐっと変わる
・ドリップコーヒーの淹れ方
・豆選びに迷った時のたったひとつの極意
・コーヒー豆・粉の保存方法
・美味しいコーヒーは、結局のところ水だった

定価:1,870円(本体1,700円+10%税)

書籍情報

  • 発売日:2023年3月1日(水)
  • ISBN:978-4-8156-1734-9
  • サイズ:46判
  • ページ数:256
  • 付録:-

サポート情報はありません。ご不明な点がございましたら、こちらからお問い合わせください。

著者紹介

井崎英典(いざき・ひでのり) 第15代ワールド・バリスタ・チャンピオン 株式会社QAHWA代表取締役社長 Project Origin Japan社外取締役 1990年生まれ。高校中退後、父が経営するコーヒー屋「ハニー珈琲」を手伝いながらバリスタに。法政大学国際文化学部への入学を機に、(株)丸山珈琲に入社。2012年に史上最年少でジャパン・バリスタ・チャンピオンシップにて優勝し、2連覇を成し遂げた後、2014年のワールド・バリスタ・チャンピオンシップにてアジア人初の世界チャンピオンとなり、以後独立。現在は年間200日以上を海外で過ごしつつ、コーヒーコンサルタントとしてBrew Peaceのマニフェストを掲げてグローバルに活動。ヨーロッパやアジアを中心に、コーヒー関連機器の研究開発、小規模店から大手チェーンまで幅広く商品開発からマーケティングまで一気通貫したコンサルティングを行う。日本マクドナルドの「プレミアムローストコーヒー」「プレミアムローストアイスコーヒー」「新生ラテ」の監修、中国最大のコーヒーチェーン「luckin coffee」の商品開発や品質管理なども担当。テレビ・雑誌・WEBなどメディア出演多数。

関連商品のご案内

もっと見る

試し読み新着お届け

もっと見る