2011.08.31

バンダイナムコの開発者が認めた、決定版教科書 遂に登場!

Unityではじめるゲームづくり
話題の開発環境「Unity」の教科書が遂に登場!Unityの機能、そしてUnityによる開発手法を体系的に解説。付属サンプルプログラムを通じ、ステップバイステップでUnityによるゲーム開発をマスターできます。また、本書はバンダイナムコゲームスの社内勉強会にも採用された、実績ある正統派教科書。体系的かつ効率的な学習に最適な、Unityユーザー必読の一冊です。2011年10月刊行予定!
– バンダイナムコの開発者たちが認めた解説書
– ステップバイステップで学べる秀逸なサンプルゲーム
– バンダイナムコ開発者による徹底的なレビューと解説も追記
– 最新版 Unity 3.4 に対応
– バンダイナムコオリジナルUnity勉強会の教材も、付録DVDに収録
noimgL.jpg
Unityではじめるゲームづくり
ミッシェル・メナード 著
B5変 512ページ
定価: 3,400円(本体)
DVD付
ISBN: 978-4-7973-6772-0
2011年10月刊行予定
Amazon.co.jpにて予約受付中


■翻訳チームから
本書はバンダイナムコゲームス社内のUnity勉強会のために翻訳された本です。職種によらずゲーム企画のプロトタイピングが可能になるように、プログラミング知識を持っていない企画職、アーティスト職を対象に、本の翻訳だけでなく、各章に丁寧な参考資料を作り、さらに物理エンジン、iOS開発などの本書内でカバーしていないトピックも独自の資料を作成しました。本書の出版にあたり、この全16回の勉強会の資料をすべて、添付のDVDに収録するほか、各章に専門の監修を立て、エンジニア以外の方には分かりにくい専門用語にも解説を追加してあります。また最新版Unity 3.4 への対応も行いました。学生の方にはもちろん、ゲームエンジンと距離を置いてきたゲームクリエイターの方にもおすすめできる内容となっています。
― 湊 和久 (株式会社バンダイナムコゲームス プログラム1部 プログラム1課)
翻訳: 湊 和久、石橋 啓太、杉山 高尚
監訳: 大西 康満、渡辺 一誠、高橋 誠史、福島 哲、清水 真之、大谷篤史、牧野 貢、長舩 龍太郎、加藤 貴雅、小嶋 拓也、和田 太一、池田  優
(株式会社バンダイナムコゲームス 所属)
■目次
第1章 はじめに
第2章 イントロダクション
第3章 Unityエンジンの概要 
第4章 何から始めるか
第5章 舞台をTerrainで設定する
第6章 環境構築: 基本的なカスタムアセットのインポート
第7章 キャラクターを作る
第8章 Unityにおけるスクリプティング
第9章 キャラクターとステートコントローラスクリプトを書く
第10章 アニメーションを作る
第11章 トリガーを使って環境とのインタラクションを作成する
第12章 敵キャラとAI
第13章 ゲームのGUIをデザインする
第14章 ライティングとシャドウ
第15章 パーティクルシステムを使う
第16章 オーディオとミュージックを追加する
第17章 Unityのデバッギングと最適化
第18章 最終ビルドを作る