2011.10.19

【正誤情報】『ORACLE MASTER Gold 【Gold DBA11g】完全詳解+精選問題集』

【オラクル認定資格試験対策書】ORACLE MASTER Gold[Gold DBA11g](試験番号:1Z0-053)完全詳解+精選問題集

本書の記載に下記の誤りがございました。
お詫びして訂正いたします。

——————————————————————–

■P.5 巻頭の5章部分
【誤】LOG_ARCHIVE_DEST_n(nは1~10の整数)(Enterprise Editionのみ)
【正】LOG_ARCHIVE_DEST_n(nは1~10の整数)

——————————————————————–
P57 見出し『チェックポイントが発生するタイミング』内の本文

【誤】
・トランザクションのコミット
・ログスイッチ
・ALTER SYSTEM CHECKPOINT文の実行
・・・・

【正】
・ログスイッチ
・ALTER SYSTEM CHECKPOINT文の実行
・・・・
(※「トランザクションのコミット」が不要です)

 

——————
■P.81 本文7,8行目の記述
 onepass が1回でてるので、すべてメモリー上で処理されてはいないと思うのですがいかがでしょうか?
——————
⇒ 【回答】
ご指摘ありがとうございます。ご指摘のとおり、onepassが1回出力されているので、メモリー上ですべて処理できていません。
訂正をお願いします。
訂正前: ・・・すべてメモリー上で処理できたことがわかります。
訂正後: ・・・すべてメモリー上で処理できなかったことがわかります。

——————————————————————–

■P.81 本文7、8行目
【誤】 ・・・すべてメモリー上で処理できたことがわかります。
【正】 ・・・すべてメモリー上で処理できなかったことがわかります。

——————————————————————–
■P155 問題4-4 選択肢d
【誤】・・・・「ASM」である
【正】・・・・「+ASM」である

——————————————————————–
■P158 解答4-4 の答え

【誤】a、b
【正】a、c
——————————————————————– 

■P.168 本文
【誤】LOG_ACRHIVE_DEST_n初期化パラメータは、Enterprise Editionのみで使用できます。
【正】LOG_ACRHIVE_DEST_n初期化パラメータは、Standard EditionおよびEnterprise Editionのどちらでも使用できます。

——————————————————————– 
■P.186 本文

【誤】LOG_ACRHIVE_DEST_n(nは1~10の整数)(Enterprise Editionのみ)

【正】LOG_ACRHIVE_DEST_n(nは1~10の整数)

——————————————————————–

■P213 本文5行目
【誤】なお、CREATE CONTROLFILE文を実行すると、・・・・(以降5行)
【正】なお、CREATE CONTROLFILE文を実行すると、RMANリポジトリ(Recovery Managerのバックアップ情報)が失われます(リカバリカタログを使用していない場合)。
※コマンド操作に関する解説および、その解説に対する注釈を削除

——————————————————————–
■P216 最下部

【誤】$ cp /u01/app/oracle/oradata/redo1/redolog_1.dbf /disk2/redo2/redolog_1.dbf
【正】$ cp /u01/app/oracle/oradata/redo1/redolog_1.dbf /disk2/redo1/redolog_2.dbf

——————————————————————–

■P227 問題6-13 選択肢a
【誤】スクリプトがUSER_DUMP_DEST初期化パラメータで指定した
【正】スクリプトがDIAGNOSTIC_DEST初期化パラメータで指定した
——————————————————————–
■P231 問題6-27 選択肢c
【誤】バイナリバックアップ制御ファイルを使用したリカバリを
【正】CREATE CONTROLFILE文を使用したリカバリを
——————————————————————–
■P235 解答6-13
【誤】スクリプト」がUSER_DUMP_DEST初期化パラメータに指定されている
【正】スクリプト」がDIAGNOSTIC_DEST初期化パラメータに指定されている
——————————————————————–
■P239 解答6-27 選択肢cに対する解答
選択肢cに対する解答を以下の文章に差し替える
【正】CREATE CONTROLFILE文で制御ファイルを再作成すると、RMANリポジトリ情報は失われます(リカバリカタログを使用していない場合)。

——————————————————————–
P254 「バックアップ最適化の構成を有効にした場合の動作」表の金曜日と土曜日の「結果」

【誤】USERS表領域がバックアップされる
【正】USERS表領域がバックアップされない
—————————————–

——————————————————————–
■P294 解答7-12の答え
【誤】a、e

【正】a、d、e
——————————————————————–
■P294 解答7-13の答え
【誤】b、d
【正】a、c、d
——————————————————————–

■P331 問題8-6 問題文

【誤】データベースをオープンしたまま、Recovery Managerを・・・
【正】Recovery Managerを・・・

——————————————————————– 

■P430 解答12-4の答え
【誤】b
【正】b、d (※設問の選択肢bと、選択肢dの内容が同じであるため)

————————————————————————

■P.419 完全に自動化されたTSPITR のコマンド
【誤】 ・・・TIMESTAMP タイムスタンプ}
【正】 ・・・TIMESTAMP タイムスタンプ | UNTIL SEQUENCE ログ順序番号THREAD スレッド番号}

——————————————————————–
■P534、P551および巻頭の確認リスト

【誤】データブロックのチェックサムの検証は、デフォルトではSYSTEM表領域のみに対して実行される
【正】DB_BLOCK_CHECKING初期化パラメータのデフォルトはFALSEのため、SYSTEM表領域のみに対して実行される

——————————————————————–
■P535
【誤】
SET MAXCORRUPT FOR DATAFILE 3 TO 2;
BACKUP NOCHECKSUM DATAFILE (ファイル番号 | ‘ファイル名’);

【正】 
SET MAXCORRUPT FOR DATAFILE (ファイル番号 | ‘ファイル名’) TO 整数;
BACKUP DATAFILE (ファイル番号 | ‘ファイル名’);

 

——————————————————————–
■P615 ページ下部の表「CPUリソース割り当て方法の比較」

【誤】表の左列「CPUリソース割り当て方法」の記載が上下逆になっている
【正】上部が「拡張(EMPHASIS)」、下部が「割合(RATIO)

——————————————————————–
P632 解答17―5 表内 

【誤】切替え先グループ:batch  切り替え時間:3秒
【正】切替え先グループ:report  切り替え時間:30秒

——————————————————————–
■P674 重要解説
 

【誤】各国語キャラクタセットで使用できるキャラクタセットは、AL16UTF16
【正】各国語キャラクタセットで使用できるキャラクタセットは、AL16UTF16のみ

——————————————————————– 
■P740 問題25

【誤】DBMS_RCVCAT_CREATE_VIRTUAL_CATALOG
【正】DBMS_RCVCAT.CREATE_VIRTUAL_CATALOG

——————————————————————– 

■P743 問題34 選択肢c

【誤】BZIP2は、ZLIBと比べて圧縮率が低い
【正】BZIP2は、ZLIBと比べて圧縮率が高い

——————————————————————–

■P749 問題55 問題文

【誤】正しいものを3つ選択してください。
【正】正しいものを2つ選択してください。

——————————————————————–

■P757 問題76

【誤】ディスクグルー
【正】ディスクグルー

——————————————————————–

■P767 解答29

【誤】a  制御ファイルの場合は、
【正】b  制御ファイルの場合は、

——————————————————————–

■P774 解答55

【誤】a、b、e
【正】a、b

——————————————————————–